ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

恋愛が定番だったフジ月9 尾野真千子主演で本当にいいのか 

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 そろそろ春ドラマの情報も解禁される時期である。放送を前にあれこれと思いをめぐらせるのもファンならではの楽しみ方だ。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。

 * * *
 4月から始まる月9ドラマ「極悪がんぼ」(フジテレビ系)。主役が尾野真千子に決まった、というニュースが流れてきました。オノマチは月9のみならず、フジの連ドラ単独初主演。話題を集めています。

「極悪がんぼ」の主人公・薫は借金を背負いつつ裏社会の一員になり、トラブル処理に奔走、どん底からはい上がるといったストーリー。タイトルの「がんぼ」とは、広島の方言で「乱暴者」とか「やんちゃ」を意味するのだとか。たしかに、オノマチには適役かもしれない。

 数々のドラマでヒロインを演じつつも、売れっ子女優には珍しく、とり繕わずストレート。関西のオバチャン的気質もしっかり保持。啖呵を切る、はしゃぐ、暴れるといった演技も朝飯前。というか、地? フジテレビの制作陣は「あなたにしかできない」と出演を懇願。オノマチも「最高の口説き文句」とひきうけたそうです。

 でも、いいんでしょうか? 月9が、本当に「恋愛もの」のきらめきを手放しても。「半沢直樹」の裏社会貧乏借金バージョンのようなドラマに置きかわってしまっても。

 今期のドラマを見回せば……刑事ものや事件、医療ものと似たり寄ったりが並ぶ中で、月9の「失恋シェコラティエ」は異彩を放ち、気を吐き、評判をとっているではありませんか。

 しかも「失ショコ」は「恋愛もの」とは言ってもただの胸キュン脳天気ドラマではないのです。自己愛、自己破綻、自己言及といった、人が持つほころびを、「恋愛」を使いながら軽やかに上手に描き出し、個性的な娯楽作品に仕上げているのです。

「俺は王子様になれたかな? それとも救いようもないほど汚れたアホかな。妄想を繰り広げているだけの痛い男かな」

 妄想系片思い男子・爽太を演じる松本潤が、繰り返し繰り返し独白する。自分について、ぐるぐるぐるぐると語る。ふと、たしかに私もこんな風に独白してるな、と視聴者に思わせるリアル。思いを遂げることができず自己言及ばかりしている自信のない男子を、2枚目アイドルの松潤がピタっと演じているあたりがいい。

 その一方で、爽太が恋をする相手、天然系小悪魔の紗絵子を演じる石原さとみが、またまた上手。紗絵子は男をもて遊んでいるようでいて、自分の思いがどこにあるかわからない。夫のことも愛せないし、居場所も無い。浮遊感に不安さえ覚えている。それが漂ってくるような、複雑さを見せてくれる。

 登場人物の美男美女がみな、思いを遂げられないまま自己言及を繰りかえす、不思議な切なさとリアリティのあるドラマに仕上がっています。

 月9という枠は、形を変えキャストや筋を替えながらも、不完全な人間の切ない姿を浮き彫りにしてきたんだな、と気づきました。

 そんな貴重なアイデンティティを、簡単に手放していいのか月9。

 ちなみに「恋愛」とは。国語辞典・新明解を引くとこう定義されています。「特定の異性に特別の愛情をいだいて、二人だけで一緒に居たい、出来るなら合体したいという気持を持ちながら、それが、常にはかなえられないで、ひどく心を苦しめる・(まれにかなえられて歓喜する)状態」(『新明解国語辞典』第4版)

 人間の本質です。

【関連記事】
ベアトップ姿の矢田亜希子32歳 “魅せる瞳”を撮り下ろし
ヨン様 いまでも会見に650人の日韓報道陣集める力
人気ドラマ『相棒』のオリジナル中編小説を計2作収録した本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。