ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2万3000人に「カカッテコイヤ!」と宣戦布告、MAN WITH A MISSION圧巻の幕張メッセ公演をWOWOWで独占放送

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2011年、音楽シーンに彗星のごとく現われた“オオカミバンド”こと、MAN WITH A MISSION。頭がオオカミで体が人間という(究極の)生命体である彼らは、ギターとヴォーカル、ラップをこなすJean-Ken Johnny(ジャン・ケン・ジョニー)、ヴォーカルのTokyo Tanaka(トーキョー・タナカ)、ドラムのSpear Rib(スペア・リブ)、DJ Santa Monica(DJサンタモニカ)、ベースのKamikaze Boy(カミカゼ・ボーイ)から成るいまや世界的に注目を集めるバンドである。

抜群のテクニックを駆使したロック魂あふれるサウンドで熱狂的な支持を集め、日本では3月にリリースしたコンセプトアルバム「Tales of Purefly」はオリコンのアルバム・ランキングでTOP3入りを果たした。全国ツアーの27公演もすべて即日ソールドアウト。WOWOWでは、その中でも最多の2万3000人を動員した、5月31日、千葉・幕張メッセ国際展示場1~3ホールでのライブの模様をWOWOWで独占放送する。

幕張メッセでの一夜限りのライブのため設営されたオールスタンディングの会場には、楽しそうな親子連れから、カップル、筋金入りのロックファンまで幅広い客層が詰めかけた。今回のツアーはアルバム同様、コンセプトに沿った内容になっていて、幕張メッセ公演では3人の子供達と究極の生命体 MAN WITH A MISSIONが、平和をもたらす”Purefly”という物質を悪魔の手から取り戻そうとする物語が、ライブ演奏はもちろん、アニメーション映像と子役たちも融合され展開された。

ライブ冒頭、ステージにマントを被ったオオカミたちが登場すると、アルバムの表題曲「tales of purefly」でオープニング。続けて、連続ドラマ「BORDER」(テレビ朝日)の主題歌にもなったヒットソング「evils fall」が演奏され、総立ちのファンたちは両手を頭上に掲げる“ガウポーズ”で盛り上がった。ジャン・ケン・ジョニーは公式サイトやTwitterなどでもお馴染みの口調で「マクハリー!遂ニコノ日ガ来テシマイマシタネ。2万3000人デスッテ!シカシ、ステージ上ノオオカミ達ハ、相手ガ2万人ダロウガ、負ケルツモリハ、ゴザイマセン(カラ)!カカッテコイヤー!!」と宣戦布告。そして、(ジャン・ケン・)ジョニーとトーキョー・タナカがハーモニーを響かせる「Wake Myself Again」、サード・シングルの「database」などを次々に披露し、会場のボルテージを上げていった。

さらに第二幕では、オオカミたちの目が光る神秘的なオープニングに。セカンド・シングル「Emotions」では観客も「エモーションズ!」の大合唱。その声援を受けジョニーは感慨深げに「我々モ、イロンナ人ノ言葉カラ勇気ヲモラッテ、ココマデ来レマシタ。我々ノ音楽ガ、ミナサンニトッテ、少シデモナニカノキッカケニナレバ、ウレシイ」と語った。そして、「babylon」の壮大なモチーフを表現したサウンドで勇者たちの物語に幕を下ろした。アンコールではファーストアルバム「MAN WITH A MISSION」からノリノリのロックチューンを披露。センターに張り出した円形ステージや花道をメンバーたちが走り回り、DJサンタモニカは客席にダイブも。カミカゼ・ボーイはベースのネックに噛み付くおなじみのパフォーマンスを見せ、最後までパワフルなステージを繰り広げ、狼魂を貫いた。「来タル秋ニハ、アメリカデCDデビューガ決マリマシタ。世界ニ向ケテ、ブチカマシテキマス!」という勇ましい報告も。オオカミたちが世界を席巻する日も遠くはない!? その勢いあふれるステージを今のうちにチェックしておきたい。

「MAN WITH A MISSION Tales of Purefly Tour 2014 at 幕張メッセ」
7月13日(日)21:00~ WOWOWライブにて放送
特設サイト:http://www.wowow.co.jp/music/mwam/

関連リンク

MAN WITH A MISSION オフィシャルサイトhttp://www.mwamjapan.info/
MAN WITH A MISSION ソニーミュージックアーティストページhttp://www.sonymusic.co.jp/artist/manwithamission/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP