ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

堀江氏の「東大以外は無駄」発言に人材コンサルタントが反論

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 サクラサク季節、作家で人材コンサルタントの常見陽平氏が「それでも大学に行くことには意味があるという話」を展開する。

 * * *
 3月中旬、ホリエモンこと堀江貴文氏のTwitter、ブログでの発言が話題になりました。簡単に言うと、「日本の大学には東大以外、行く意味がない」という論です。3月18日付の彼のブログには「ホント、日本の大学の学部行ってる学生は今すぐ辞めたほうがいいと思うよ。。。」というエントリーが掲載されています。

 要するに、堀江氏は、日本の大学の教育力が低いこと、モラトリアムと化していること、東大などは過剰に評価されていること(ブランド化していること)などを言いたいのでしょう。

 あまりにも荒唐無稽すぎるので、なんですが、突っ込みどころをまずは7点あげてみましょう。

 堀江論の7つの突っ込みどころ

【1】大学にいかないと、年収において損をする

 『検証・学歴の効用』(濱中淳子 勁草書房)という本の論をご紹介します。厚生労働省の『賃金構造基本統計調査』によると、最終学歴別で見た場合、大卒者は20代後半の頃から中卒、高卒、高専・短大卒に対して年収の差がつき、高い年収を得るようになっていきます。

 より具体的に言うと、1975年の時点では各学歴の生涯賃金の格差は「中卒−高卒」間で13.8百万円、「高卒−高専・短大卒」間で18.4百万円、「高専・短大卒−大卒」間で15.4百万円と、ほぼ等間隔の差でした。

 これが2010年になると、「中卒−高卒」間の差は17.1百万円、「高卒−高専・短大卒」間は6.9百万円、「高専・短大卒−大卒」間は49.8百万円。このように、高専・短大卒−大卒」の差が大きくなり、大卒がますます有利になっています。

 また、賃金カーブについても、2010年においては、20代後半で違いが生じ始め、40代前半まで急上昇する傾向にあります。

 もちろん、出身大学にもよりますし、今後は変動することも考えられますが。ただ、全体のデータを見る限り、「東大以外は無駄」とはいえないと思います。

【2】高卒の仕事が少なくなってしまった

 産業構造の変化、製造業の海外移転、大学生の増加などにより、従来高校生が就いていた仕事が少なくなってしまいました。もちろん、これは鶏が先か、卵が先かという話でもあるのですが。特に、高卒のホワイトカラーと、工場の作業員などにおいて顕著です。

 だから、就職するために、大学に行かなくてはならないという構造になっているのです。
 このあたりは、『日本で働くのは本当に損なのか』(海老原嗣生 PHP研究所)などが参考になります。

【3】大学はモラトリアムでもなくなってきている

 理系などの忙しさは言うまでもありません。文系においても、最近は出席が厳しくなってきています。就職の際に、学業のこと、成績のことについて質問する動きが話題になるなど、モラトリアムでもなくなってきています。

【4】大学はもともと就職予備校的要素を持っていた

 最近は就職対策、キャリア教育の比重が上がっていること、就職活動が早期化・長期化していることから「就職予備校化」という批判があります。たしかに、これは由々しき自体ではあります。

 ただ、もともと私学などは建学の理念をみると、社会で活躍する人材を養成するというビジョンを掲げているのですよね。そして、有名私大に就職課ができたのは、実は戦前です。

 学校基本調査を見ても、最近は卒業しても就職も進学もしない「新卒無業者」が問題になっていますが、とはいえ、現在も卒業生の6割強は就職しています。大学を出た人の進路で就職はマジョリティなのです。

【5】素晴らしい無名大学は存在する

 無名大学の中にも、面白い教育プログラムがあり、国公立大学を退官した教授、民間企業からきた教授がいて、充実している大学は多数あります。むしろ、ブランドだけの大学よりも、教育力が高いのではという評判さえあります。

 行く価値のある無名大学は存在するのです。

【6】中退は、いまそこにある問題

 「学生証だけもらって中退するのが一番だ」と言いますが、これはあまりに無神経な発言と言わざるを得ません。いま、大学が直面しているのは、中退者の問題です。経済的に厳しくなり続けられない学生、能力的についていけずに悩む学生が多数いることを堀江さんはご存知でしょうか。大学生活を続けられない人に対する配慮を欠いていると言わざるを得ません。

【7】大学の価値は教育力だけではない

 例えば、日大出身者は「大学を出てから、日大の良さがますますわかった」と言います。なんせ、人数が多いですから。職場、取引先にOB・OGがいて、何かと安心するものです。スポーツなどで母校が活躍しているとモチベーションも上がりますし。

 海外の大学においても、実は大学に行く意味というのはこういうネットワークづくりだったりします。

 あと、堀江氏が指摘するように、ブランド力というのも率直にありますよ。◯◯大学卒という看板ですね。これは別に、東大以外はダメというわけではないです。地方の私大も、地元ではちゃんとブランド力はあります。レベルだけではなく、ラベルが大事なのです。

 もちろん、日本の大学に問題があることはよくわかっています。大学の非常勤講師として、また、2年間大学院生をやった立場として、よくわかります。そう、2年間大学院に行った理由の一つは、大学を内部から観察したかったからなのです。

 もろもろ問題があるのはわかりますが、とはいえ、大学に行くことは意味がありますよということです。皆さんはどう思います?

【関連記事】
外国語専門学校 一般教養ないため語学習得に集中できる利点
「中堅レベル以下の大学なら専門学校行くべき」と教育事情通
専門学校には“夢追う経験”と“堅実な就職”叶える利点あり

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP