ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

長野が3年ぶりに「小麦粉消費日本一」 強豪・奈良を振り切る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 「粉もん」の消費支出額日本一の自治体はどこか。関西圏だと思いきやさにあらず、今年の調査で長野が3年ぶりに日本一を奪回したことが明らかになった。でも長野の「粉もん」とは? 食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏が伝統食に迫る。

 * * *
 今年の1月に発表された総務省家計調査の2013年版で、宇都宮が浜松から餃子の消費支出額日本一を奪い返した。3年ぶりの奪還に宇都宮は号外を出すほど湧いた。その一方、今年の家計調査において、ひっそりと3年ぶりの奪還を遂げた自治体もあった。長野も、小麦粉消費支出額において日本一を奪回したのだ(総世帯)。

 長野は「おやき」「だんご汁」「すいとん」などの粉食文化が盛んな地域が多く、1日に1食は粉ものを食べる習慣のあった地域だ。古くからから米と麦の二毛作が行われていて、米は年貢や販売用、麦は家庭の食事用として「粉食」が生活にも根づいていた。1919(大正8)年には、「節米のすゝめ」(下伊那郡農会)も出版されている。長野では、日常に粉食があった。

 長く圧倒的な粉もの強者だった長野──。その構図が崩れたのが、2011年。この年の家計調査で長野は、奈良や大津といった近畿圏の後塵を拝することに。2012年も和歌山、奈良に続く3位と粉もの地盤沈下現象に見舞われた。どの家庭でもおやきを作るわけでもなくなり、だんご汁やすいとんを作る家庭も減っていった。それでも今年長野は、強豪の奈良、大津を従える形で3年ぶりに首位の座を取り戻した。

 俗に「粉もの文化圏」と言われる関西・近畿圏と比較すると、長野の小麦消費の傾向は少し異なる。例えば、奈良、大津、京都、大阪、神戸あたりはパンに年間約2万8000円を支出するが、長野は1万9910円。逆に長野は、うどん・そば類やカップめんの消費支出が多い。同じ「粉もの」でも購入するものは異なる。関西圏はやや洋風、長野は和風の傾向が強い。

 大手の流通や飲食チェーンの進出とあわせて、地域の食の肩身が狭くなっていくのは、全国共通の現象でもある。地元の商工会主導で活動する「信州おやき協議会」では「おやきを食す日──習慣の復活」というキャンペーンを行っている。祭りや年中行事を祝うごちそうとしてのおやき習慣を復活、定着させようという取り組みだ。1月5日の年玉おやきから11月23日の新嘗おやきまで、年に数回、彼岸や盆などの年中行事に合わせて、再びおやきを生活に取り入れようと試みている。

 伝統的な野沢菜や切り干し大根などのほか、中央自動車道の諏訪湖サービスエリアでは信州牛やチーズ、トマトソースのおやきが展開されている。道の駅白馬でもポテトサラダおやきといった変わりおやきも好評だという。

 3年ぶりに首位を奪還したとはいえ、長野の王座はまだ盤石ではない。総世帯の調査で奈良をわずかにかわしたが、その差はだったの1円。二人以上の世帯を対象とした調査に限定すれは奈良の1056円に対して1013円と、いまだ後塵を拝している。もし真の粉もの王国の座が奪還できたとして、そのとき長野の粉もの文化はどう変化しているのだろうか。そこには、古き食習慣を未来へとつなぐヒントが隠されているに違いない。


【関連記事】
観月ありさ 7年ぶりライブでセクシーなショーパン姿を披露
下平さやかアナ 巨人・長野と半同棲も手綱は締めていると記者
長寿県の長野 昆虫を食べる習慣があるから長生きとの説も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP