ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京人は大阪人よりビール好き 外飲み日本一の座は川崎市民

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アルコールの消費量がぐっと増える季節がやってきた。ビール、日本酒、焼酎などどこの自治体がよく飲んでいるのか、調べると各都道府県のお国柄も見えてくる。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏がリポートする。

 * * *
 5月に入り、暑さを感じる日も増えてきた。そう! ビールの季節がやってきた! いや、ビールに限らず、全国各地で酒のおいしい季節だ。きりりと冷やした日本酒、冷水で割った焼酎、炭酸割りのハイボール……。地域ごとに人気の酒は異なる。

 例えば国税庁の「成人1人あたりの酒類販売(消費)数量」からは各都道府県で人気の酒の傾向がわかる。

 例えばビールの消費は圧倒的に東京都だ。一人あたり42.8リットルとは、2位である大阪府の31.2リットルを遥かにしのぐ。ちなみに3位は僅差で新潟県の31.1リットル。東京都や大阪府などの超大都市では消費が多く、周辺の消費は少ない傾向が伺える。東京のベッドタウンである埼玉県(18.9)や千葉県(20.5)、大阪が通勤圏となる滋賀県(18.4)、奈良県(17.8)などはビールの消費が少ない。やはりビールは家庭ではなく、夜の繁華街で同僚や仲間と「カンパーイ!」とにぎやかに飲む酒なのだ。

 一方、家の内外にかかわらず、地域や都道府県に根づいているのが明確な酒もある。新潟県が14.6リットルとダントツの消費を誇る清酒──日本酒である。全国でも二桁リットルを消費しているのは新潟県だけだ。2位の秋田県が9.7リットル、3位の山形県が8.7リットルなのだから、新潟の突出ぶりがよくわかる。

 その新潟に似たポジションを焼酎で確保しているのが、鹿児島県だ。清酒の場合は、新潟県が突出しているとはいえ、量の格差はほとんどの都道府県の2~3倍以内におさまる。だが焼酎消費量においての勢力図はまったく異なる。鹿児島県が単式蒸留しょうちゅう(本格焼酎)で消費するのは年間26リットル。これは群馬県などの関東圏から山形県などの東北各県のおよそ10倍にも当たる数字だ。

 しかも九州は焼酎王国と言われるだけあって、2位宮崎県も19.9リットル、続く熊本県、大分県もそれぞれ10.4リットルと、全国で九州南部だけが2桁リットルの焼酎を消費している。

 もっとも総務省の家計調査の「外食」における「飲酒代」となると、少し特徴が変わってくる。2013年、圧倒的に外飲みをしたのは川崎市民。8万5554円(総世帯)という記録的な数字を叩き出した。今年もっとも「飲酒代」を払わなかった和歌山市民の実に15倍近い金額を飲酒代にあてている。

 ちなみに川崎市民はこの調査において上位の常連だ。過去の順位でも2013年1位、2012年3位、2011年2位、2010年4位、2009年2位と、この5年で一度もベスト5を外していない。東京に隣接していて終電も遅く、つい2軒目、3軒目に行くことができてしまう。さらに市内には、キャバクラなど単価の高い飲食店を擁する歓楽街がいくつもある。

 この環境が幸せなのか、決められるのは財布の持ち主だけである。

【関連記事】
プリン1リットル3496円 50リットル26万2500円で販売
ヤフオクドームのビール売り子たちの前線基地を売店裏に発見
節約効果高い家計の見直し ガス会社変更で月3500円カット

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP