ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

営業職男 バーの女店員にホレて夜にバーでバイトし妻激怒

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夫が隠し事をするのは理由がどうあれ、妻への裏切りに他ならない。30才の結婚6年目主婦は夫の秘密を知った瞬間をこう振り返る。

「毎朝、夫に手作りのお弁当を持たせて会社に送り出していました。ところがある日、夫が公園のベンチでお弁当を食べているところを目撃。あとをつけると、パチンコ店に入っていくじゃありませんか。

 夜、思い切って聞いてみると『ずいぶん前に会社を辞めていた』と白状したんです。心配かけたくないから、という気持ちもわかりますが、どうしてそんな大事なことを話してくれなかったのか…。しかも辞めた理由が『上司が気にくわなくて』ですって。その後、夫は再就職しましたが、以前のように彼のことを信じきれない私がいます」

 仕事熱心だと思っていた夫が、昼と夜で違う顔を持っていたとしたら…、夫の「別の顔」を見てしまったのは33才で結婚8年目の主婦A子さんだ。

「夫は決まって週3回、深夜までお酒を飲んで帰ってきます。『営業だから、お酒のつきあいも仕事のうち』という言葉を信じていたのですが、知人から『お宅のご主人、バーを経営してるの?』と言われてびっくり。

 会社の帰りに知り合いのバーでアルバイトをしていたというんです。しかも、お目当てはその店の女の子だったらしく、バイト代もその子へのプレゼントなどに使っていたようで、ますます許せません。“夜の営業”は禁止、門限を設定して守れなければ家に入れません」

※女性セブン2014年7月17日

【関連記事】
年賀状自慢男 定年後年賀状激減で息子に「いい人脈築けよ」
家の中でのフルチン断固反対妻 夫にパンツはかせる約束する
二重収入も可能 5歳以上年上の姉さん女房は年金の面で有利

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP