ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大阪の宝くじ売り場 ロト7で1、2等同時当せん史上初の快挙

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「6年連続で1億円超の高額当せん者を出す宇部市の売り場もすごいけど、大阪の売り場も負けてへんでぇ!」

 こんな声が聞こえてきそうなのが大阪市都島区にある内代(うちんだい)チャンスセンター。

 この売り場からは6月20日に抽せんされた第63回ロト7で1等の5億2400万円が出た。それだけではない。今年2月の第46回ロト7では、1等(8億円)と2等(600万円)が同時に出たのだ。

「1等と2等の同時当せん」も「同じ売り場から2度目の1等」も、ロト7史上初の快挙になる。

 当該店舗の販売員は当せんした幸運の持ち主についてこう語る。

「プライバシーに関することなので詳しくは言えませんが、幸運を射止めたのは若いかたでした。『よく考えて有意義に使ってくださいね』とアドバイスさせていただきました」

 内代チャンスセンターは、地下鉄・谷町線の野江内代駅徒歩5分、関西スーパーの敷地内にある。大阪にお越しの際は、ぜひとも立ち寄ってみてはいかが?

※女性セブン2014年7月17日

【関連記事】
ロト7で1等と2等同時に出た売り場 販売員も大盛り上がり
宇部市宝くじ売場 1等続出で09年からの高額当選総額13億円
宇部市「奇跡の宝くじ売り場」 当せん金は販売額よりも多い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP