ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ピンク・フロイド、20年振りのニュー・アルバム

DATE:
  • ガジェット通信を≫

来週の16日、日本でもピンク・フロイドのリマスターを含む「対(TSUI) 20周年記念デラックス・エディション」が発売になる。この作品は1994年に発売された、ピンク・フロイドにとって最後のオリジナル・アルバムだった。

Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

そんな矢先、デヴィッド・ギルモアの妻ポリー・サムソンがツイッターで、ピンク・フロイドのニュー・アルバム「The Endless River」が10月に発売されると発信した、その作品は、1994年に行われたリック・ライとのセッションをベースにしたものだそうだ。

バンドとツアーをしていたバック・ヴォーカルのダーガ・マクブルームはフェイスブックに、ギルモアと一緒に歌入れのレコーディングをしたと書いた。またレコーディング時の写真も掲載した。アルバム「対」の後にレコーディングされたもので全て未発表曲だそうだ。

レコード発売元のワーナーミュージックはコメントを出していない。それにしてもあまり重要ではないまわりがやたらと情報を流す時代。

ピンク・フロイドはEMIミュージック傘下の「パーロフォン・レコード」と契約。ユニバーサルミュージックがEMIミュージック買収の際、独禁法に触れるとして、パーロフォンを切り売りし、ワーナーミュージックが買った。

記事提供元:Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP