ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダンスするだけで音楽がつくれる!ユニークなオブジェクト登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

音楽の世界でもさまざま最新テクノロジーが導入され、テクノロジー世代のDJが世界を舞台に活躍する姿も見られるようになった。デジタル化が進む音楽世界とはいえ、やはり一般人にとってデジタル音楽を制作する、ということはいまだに敷居が高い。「自分で簡単に音楽がつくれたら」なんて思うなら、「Interactive Music Battle(IMB)」はどうだろう。

フランスのミュージシャン、デザイナー、エンジニアたちが集まって結成した「Phonotonic」という開発チームがつくった不思議なオブジェクトで、人の動きを音楽に変換するというものだ。「IMB」は、このオブジェクトと専用アプリで作動する。

シリコン製のオブジェクトは、子どもから大人まで、手で持ってにぎりやすいように設計され、耐久性があるため万一落としても大丈夫。オブジェクト内にはモーションセンサー、加速度計、ジャイロスコープ、磁力計などが組み込まれており、これが人の動きを感知する。

感知されたデータはWiFiを経由して、ユーザーのスマートフォン、タブレット、PCなどに送信される。専用アプリのソフトウェアがデータを解析し、人の動きをリアルタイムで音楽に変換するという流れだ。

ユーザーはまず、アプリを立ち上げて、音楽のジャンルを選択。現在のところ、“Piano with 8bits”“Trap and Rock”など、10種類の音楽パッケージが用意されているが、今後増えていく見込みだ。ユーザーは“メロディ担当”“リズム担当”を分担できるので、多人数で音楽セッションを楽しめるようになっている。

「なめらかにゆっくり」「上に投げる」「素早く、ジグザグ」など、ユーザーの動き方に合わせて、音楽はどんどん変化していく。その場限りの生パフォーマンスは、もちろん録音することもでき、友人とシェアして楽しめそうだ。

また、オブジェクト内のセンサーは取り外すことができるので、靴やベルトに装着してみたり、好きなところに付けて、ハンズフリーで使用することも可能。

誰でも簡単に音楽を作成し、演奏できるユニークな「IMB」は、AgoranovやLe Centquatre-Parisの支援を受けており、音楽ツールのコンペティションGuthman Musical Instrument Competitionで1位を受賞。ニューヨークのMoMA美術館で展示されているという。

現在、資金調達プラットフォームKickstarterでキャンペーンを展開中。開催日数残りわずか、興味がある人は予約をしてみては。

Interactive Music Battle(IMB)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP