ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

この季節、”桃”が主役のメニューはいかが?! 「わざわざ食べに行きたい」”桃”メニューが楽しめるレストラン3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


夏のイチオシフルーツといえば、ピーチ。夏になると、あの甘~いジューシーな味の虜になっている女子も多いハズ。そこで編集部では、「わざわざ食べに行きたい」”桃”メニューが登場しているお店をまとめてみた。今回は、食後のデザートとしてではなく、「桃を楽しむ」ことを目的に訪れてみては?!

1.【銀座コージーコーナー】「山梨県産桃と生ハムの冷たいフルーツパスタ」
まずは、銀座コージーコーナーのカフェ・レストラン併設27店舗で販売中の「桃」メニューをチェック。こちらでは、山梨県産の桃を使ったメニュー4品を季節限定販売。パフェやミルクフラッペなどのスイーツもよいけれど、今回は、食事として楽しめる「フルーツパスタ」にトライして欲しい。桃の上品な甘みと香り、トマトの酸味、イタリア産生ハムのほどよい塩味が好相性の新感覚パスタは、一度食べたらやみつきになる味。取扱店舗は、コチラ(http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000197.000004367.html)からチェック。

2.【資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェ】「和歌山県産 白桃パフェ」
次は、「大人の街」銀座の洗練された空間で桃を楽しめるお店をご紹介。こちらは、和歌山県を代表するブランド桃「あらかわの桃」を、出荷ギリギリまで収穫せずに熟させて、甘味が増した状態で使用。東京にはなかなか入荷しない貴重な桃のパフェで特別なひとときを楽しんでみて。7月31日(木)まで。(http://parlour.shiseido.co.jp/restaurants/list/salondecafeginza.html)

3.【ホテル日航東京】「ピーチアフタヌーンティー」
夏休みは、「都会のオアシス」・ホテル日航東京でピーチが主役のアフタヌーンティーを楽しんでみてはいかが?! みずみずしく優しい甘みが魅力の「白桃のコンポートとヴェルヴェーヌミントのジュレ」や、華やかな桃の風味と濃厚なカスタードクリームのハーモニーが愉しい「桃のクラフティ」など、ジューシーな桃の魅力がつまったスイーツが堪能できる。また、この時期に限り、ペアリングティーとして、上品な香りのピーチティーもおすすめ。8月1日(金)~8月31日(日)まで、ラウンジ&シャンパンバー「ベランダ」にて販売予定。(http://www.hnt.co.jp/archives/10932)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP