ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“Project Tango”を使用したNASAの新型SPHERESロボは7月11日に打ち上げ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米航空宇宙局(NASA)が開発に取り組んでいた“Project Tango”を用いた新型SPHERESロボットの打ち上げ日が7月11日に決定したそうです。Reutersが報じました。SPHERES(Synchronized Position Hold, Engage, Reorient, Experimental Satellites)ロボットは、ボウリングボールサイズの球体状の小型人工衛星のことで、国際宇宙ステーション(ISS)内で運用されることになっています。新型には空間をリアルタイムに認識できるGoogleのAndroidスマートフォン”Project Tango”がSPHERESロボの頭脳と目の役割を果たすことで、ISS内における移動の自律化が可能になるとされています。現在、ISS内では3台のNexus S入りSPHERESが運用されているそうなのですが、年内を目処に全て今回の新型に変更される予定です。実際にどのように動くのかは4月下旬に実施されたゼロGフライトの映像で確認できます。Source : Reuters


(juggly.cn)記事関連リンク
ASUS、「Padfone S」と「Zenfone 5 LTE」を台湾で発売開始
CyanogenMod 11 M8ビルドがリリース
KDDI、「Xperia ZL2 SOL25」のソフトウェアアップデート(17.1.1.C.1.64)を配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP