体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京・自由が丘「スイーツフォレスト」でハワイアン・スイーツの限定イベント開催!

10周年を迎えたスイーツのテーマパーク「自由が丘スイーツフォレスト」では、7月10日から9月8日まで、ハワイをテーマにしたイベント「ALOHA!ハワイアン・スイーツ2014」を開催する。

このイベントでは、スーパー・パティシエたちが創作した、ハワイをイメージした限定スイーツが数多く登場。期間中はハワイアンミュージックがBGMに流れ、アロハシャツを着用したスタッフが「アロハ!」とあいさつをするなど、パーク内はハワイのムードに包まれるという。

注目は、HONG KONG SWEETS 果香の「丸ごとヤシの実のココナッツプリン」(税抜2000円)。半分に割ったヤシの実に特製のココナツプリンをつめ、その上には寒天ゼリーにフルーツを入れた「九龍(クーロン)」と、数種類の南国フルーツをハワイの名所・ダイアモンドヘッドをイメージして飾りつけた。1日2個の限定スイーツだ。

見た目が涼しそうなベリーベリーの「マンゴーベリージュレ」(税抜480円)は、マンゴープリンの上にマンゴー、パイナップル、ベリーを浮かべたジュレを重ね、クラッシュゼリー、マンゴー、すぐり、ミントで仕上げた。

人気のパンケーキもハワイアン仕様になって登場!イリナの「ハワイアン・パンケーキ」(税抜1180円)は、リコッタチーズとマスカルポーネチーズを混ぜた生地を焼いたスフレタイプのパンケーキに、マンゴーの果肉とパイナップルのソテー、マンゴーアイスとパイナップルアイスを飾った。1日20皿限定となっている。

メルシークレープおすすめの「トロピカル・ハイビスカス」(税抜920円)は、もちもちのクレープ生地にカスタードクリームとフロマージュブランを合わせたクリームを包み込み、粉糖とフレーズパウダーでハイビスカスを描いた。こちらも1日20皿限定だ。

休みが取れない、または予算の都合で、夏休みのハワイ旅行を断念したあなた、「スイーツフォレスト」のハワイアンスイーツを食べて、実際にハワイに行ったかのような充実した1日をすごしてみては?

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会