ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サマーランドの新滑り台に熱視線

DATE:
  • ガジェット通信を≫

プールを楽しむ客で夏場は大いに賑わう東京都あきる野市の大型テーマパーク「東京サマーランド」。そこに7月1日にグランドオープンした新アトラクション「DEKASLA(デカスラ)」が、ネット上で注目を浴びている。

【画像や図表を見る】

「DEKASLA」は、設備の全高約24m、コース全長約131mの大型アトラクションだ。高さ19mのスタート台から専用のボートに乗り込み、水流に乗ったコース序盤は暗く曲がりくねったトンネルを滑走していく。そして、中盤に最大の見せ場、最大斜度約47度にもなる巨大なファンネル形状(漏斗状)のコースが設置されている。斜面を一気に下降、そして上昇、また下降、を繰り返し、ファンネルの奥に吸い込まれるように終盤を迎えるとのことだ。

ツイッターでは7月3日、一般ユーザーによって、「サマーランドの新アトラクション 超絶楽しそう」という文面とともに、黒と白のモノトーンのデザインが印象的なこの巨大ファンネルの写真が投稿され、これが人気に。

7月7日14時時点で同ツイートは6000回超リツイートされており、他のユーザーからも、

「めちゃくちゃ楽しそう…」
「サマーランドのDEKASLA乗りたい!!」
「乗りたい乗りたい乗りたい!!」
「サマーランドのDEKASLAやっべー めっちゃ面白そう」

と興味をもつ声が多数投稿されている。

梅雨が明けてからの本格的なプールシーズン、この「DEKASLA」は、大人気アトラクションとなりそうだ。
(R25編集部)

サマーランドの新滑り台に熱視線はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
世界の絶叫ウォータースライダー
世界各地に「絶景プール」続々
足湯にエステ…進化形ラブホ続々
欧米で流行?の「ビキニブリッジ」
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP