ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元TBS吉川アナ「俺の原稿を女の声で読まれたくない」と言われた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 この度TBSを退職した吉川美代子さん(60才)。多くの女子アナが30才までで退職する中、60才まで勤めあげた。そのアナウンサー人生には数々の波乱万丈があった。

 アナウンサーになるきっかけは、中学時代にあった。母校のブラスバンド部がラジオ番組『TBSこども音楽コンクール』に出演。放送部員として、ブラスバンド部の紹介を担当したそのときに、彼女の運命は決まった。当時の司会、故・山本文郎アナウンサーのひと言「未来の吉川アナウンサーだね」。これが少女を、生涯貫く仕事へと導くことになる。吉川さんがそのアナウンサー人生を振り返る。

 * * *
 私が子供の頃の娯楽といえば、テレビではなくラジオ。わが家ではいつもTBSラジオを聴いていました。

 ひとりっ子だったので、よくひとり遊びをしたんですが、私は声に出して何かを読んだりするのが好きな子供でした。なかでも、自作自演の人形劇を録音して、ラジオ番組風にしたものを聴くのがお気に入り。おまけに、そのオープニングとエンディングには毎回即興でテーマソングを歌っていたらしいです。

 TBSに入社したのは1977年。新人時代、20代の頃は『ザ・ベストテン』の“追っかけウーマン”(中継リポーター)をしていたこともあります。

 でも、実際は入社当時から報道にかかわる仕事がしたいとずっと思っていました。しかし、入社早々に「報道をやりたい」と言ったところ、ラジオのニュースデスクから呼び出され「女のくせに生意気だ」としかられました。

 30代目前の1983年以降から長く報道に携わることになりますが、当時TBSで、全国ネットのニュースを女性が読むのは私が初めてだったんです。原稿をバサッと机に置いて、「オレの原稿を女の声で読ませないでくれ」と言う男性記者までいました。そんな逆風ですから、自分が失敗すれば、女はダメだとまた道が閉ざされる。円形脱毛症になるほどのプレッシャーのなか、必死に頑張りました。

※女性セブン2014年7月17日

【関連記事】
水嶋ヒロの姉は「キレイなお姉さん」だった
吉田照美が久米宏路線を目指して道が開けた人生を描いた書
チノパン 背中のぱっくり開いた黒のドレス姿でセレブ感満載

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP