ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鉄道だらけのインドは駅の設備が便利! クロークも仮眠室もあるよ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インドの鉄道といえば、大幅な遅延、カオス、蒸し風呂、といった印象を持つ人も多いようです。しかし実は、旅に使える設備が充実しています。たいてい中~大規模の駅では、クローク、仮眠室があります。なかでも、荷物のサイズや時間を選ばない24時間営業のクロークはうれしい。

列車を降りてプラットフォームを見上げると、たいていクロークのサインが見つかります。クロークに入ると管理人がいます。何時間くらい預けたいか目安を伝え、チケットを提示。原則的に列車利用者しか使えないためです。

駅によってはパスポートも記入し、管理票に色々記入。無事、預ける荷物がロックされていることが確認できたら、管理人が後方の棚に入れてくれます。

場所によっては、白いチョークで荷物に番号が書かれます。アナログな管理方法ですが、観光客から現地人まで結構な利用率。そんな大量の荷物をすべて1-3人と紙とペンで管理しています。

大きな駅になるとスイートルームまで含めた宿泊設備も。筆者は、インドで都市を回るときは列車の時刻をおおまかに決め、夜中発着の際は、仮眠室を使わせてもらっています。

上の写真はオールドデリー駅の仮眠室。一応女性用だが、男性も使う。冬は寒いので、各自が自分の毛布を持ち込みます。

筆者がジャイプルからジョードプルに行く際は、夜中発で、しばらくシャワーを浴びていなかったこともあり、スイートルームを3時間だけ、1000ルピーほどで使わせていただきました。

スタンダードルームにもシャワーはついているのですが、このときは満室でした。仮眠室はシャワーがついているところもありますが、水が出なかったり、汚かったりと、あまり整備されておらず、現地女性も使う人は少ない模様です。

ジョードプルなどでは、プラットフォームに州政府観光局があり、ツアーの申し込みや、無料地図をもらえたりもします。地図の少ないインドでは、とても助かります。

感心するのは、これだけ利用者が多いのに、すべてアナログな手法で管理している点です。インターネットでの予約などはほぼありません。

こんな様々なサービスもあるためか、インド鉄道は世界最大の雇用主でもあり、160万人もの人々を雇っているそう。

1853年、英領インド時代に開発されて以来、聖地巡礼や商売、親戚に会うために、移動が多いインド人の生活には欠かせないものだったのでしょう。現在でも飛行機の運賃が高く、道路の整備が遅れているため、鉄道が重要な移動手段となっています。

これだけ大規模になると、初期に開発された管理システムを変えるのには、かなりハードルが高いのかもしれません。インドがIT大国のイメージもありますが、民間と国有企業では事情が随分と違うようです。デジタル化を試みても、なかなか移行がうまくいかないようで、よくモニターがフリーズしたままで表示されています。

上の写真はフリーズが放置された駅のモニター。エラーメッセージの背後で、象が「Wish You Happy Journey」と踊っています。インドの鉄道ではよく見かける風景です。

インド旅行をする際は、ぜひ駅の設備もフル活用してください。

By Shoko
Post: GoTrip

http://gotrip.jp/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP