ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高報酬役員 美人の呼び声高いトヨタ社長、ダイキン会長の妻

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 6月末、株主総会がピークを迎え、上場企業の役員報酬などが明らかになった。年間1億円を超える役員報酬を得たのは359人(6月30日時点)で、昨年の301人より大きく増えている。そこで週刊ポストでは東京商工リサーチの協力のもと、報酬1億5000万円以上の上位151人をリストアップ、その中でも特徴のある人々を紹介しよう。

 ここで上位に入る成功者には美しい妻がいるはず──と勝手に想像してしまう。ランキング内でもとくに「美人妻」だと呼び声が高いのが、2億3000万円の報酬を得たトヨタ自動車の豊田章男・社長(52位)の妻、裕子さん。

「三井物産の元副社長の娘さんで上品な佇まいのスレンダーな方です。ダークトーンの服装が多く、決して派手ではないのですが、パーティなどでは周囲の目を引いている」(財界関係者)

 2億1800万円の報酬を得たダイキン工業の井上礼之・会長(59位)の妻である万里子さんも若い頃から美貌で知られていた。井上会長自身が、日経新聞の「私の履歴書」でこうノロけている。

〈あとから届いた見合い写真を見て驚いた。学生のころからファンだった女優の山本富士子さんにそっくりだ〉(2007年2月15日付)

※週刊ポスト2014年7月18日号

【関連記事】
東電社長の「年収7200万円」は本当に高いのかどうか検証
日本の財政は“月収40万円で支出77万円の家計”と解説した書
名古屋・河村市長「年収2400万円の議員80日しか働いとらん」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP