ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

吉高由里子 20代若手女優の中で頭一つ抜きんでた存在との評

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 NHKの朝ドラ『花子とアン』の主演・吉高由里子(25)の評価がうなぎ登りだ。

「上品なのに自然体、大和撫子なのに奔放さも垣間見える。しかもどこかなまめかしい、だけどいやらしさがない……吉高さんはもともと女性からの人気は抜群でしたが、出演作の傾向からいって年配男性に認知度は低かった。それが突然朝のNHKで彼女に出会う。男性からすると、なんなんだこの女性は、と目が離せなくなってしまったんでしょう」(映画評論家・山縣みどり氏)

 スタート以来、3か月連続で平均視聴率は20%を超え、その人気は『あまちゃん』『ごちそうさん』をしのぐ勢いだ。

『花子とアン』は『赤毛のアン』の翻訳者・村岡花子をモデルにしたストーリー。最近は吉高演じる「はな」が妻子ある男性との「道ならぬ恋」に落ち、懸命に彼を忘れようとしている最中なのだが、恋する吉高の切ない表情見たさか、さらに視聴率が上がっている。ちなみに「てっ」というのは、驚いた時に使う山梨・甲府の方言だ。

「今回の『花子とアン』は脚本家の中園ミホさんが、吉高さんしかいないと推したのは有名な話ですが、20代の若手女優のなかで、彼女は頭一つ抜きんでた存在になった。朝ドラが終わる9月以降も大物監督からの指名による映画出演のオファーが後を絶たない」(事務所関係者)

※週刊ポスト2014年7月18日号

【関連記事】
不仲説出た朝ドラ共演・吉高&仲間 実はメールで連絡する仲
吉高由里子は「酒入るとサイコー、可愛い、男前」と芸人証言
吉高由里子 復縁半同棲の恋人ギタリストに肉を焼いてもらう

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP