ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

生理の不快感が激減! 「経血コントロール」をマスターしたい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「経血=ナプキンに吸収させるもの」という既成概念ができあがっている世の中ですが、最近「経血は基本、トイレで出す。ナプキンは念のための保険!」といった発想を持つ女子が増えていて、経血コントロールヨガなるワークショップまで登場しているんです。

私も偶然ですが2年ほど前からある程度経血コントロールができるようになったことで、生理の不快感が減り、多い日の夜も怖くなくなりました。

経血コントロールに至った自分の体験から、そのコツを紹介したいと思います。

骨盤底筋群に効く歩きかた

それまで全く運動してこなかった私が、お尻~太ももを引き締めたい、O脚をなんとかしたいと始めたウォーキングによって、経血コントロールが可能に。漫然と歩くのではなく、以下の2点を意識します。

・お尻の下に2本の脚がついている ではなく、腰から2本の脚が生えていると思え

・足裏~太もも~お尻まで、重心を体の内側にのせるイメージで

ヒザで歩くのではなく、腰ごと前に出し、お尻の内側の筋肉で歩くイメージがポイント。

ダメもとでもやればいいことづくし

私は毎日5km~10kmのウォーキングを半年ほど続け、できるようになりました。内モモの肉のつきかたはたった1か月でも変化が。

もちろん個人差や程度の差はありますが、歩きを変えるだけなので、意識して損はありません。この歩きで骨盤底筋群が鍛えられ、経血コントロールにつながるだけでなく、感じやすいカラダづくりにもなります。

また、心とカラダは連動するもの。フィジカル面だけでなくメンタルも大切です。私は使い捨てナプキン派ですが、布ナプ派は必要に迫られて自然とコント ロール可能になるケースが多いよう。

私の場合、睡眠中の経血が激減したことから成功スパイラルが始まりました。「ナプキンや下着を汚したくない」と思うことで、無意識レベルの意識を高めることも大事だと思います。

young-woman image via Shutterstock

■ あわせて読みたい
忙しい朝でもパパっと簡単。知的美人にみえるオフィスアレンジ
30秒でオフィスメイクを華やかにする印象チェンジ法
メイクも食事も、五感を磨くことで美人に近づけるかも!?
思わず触れたくなる! すっぴん風赤ちゃん唇はチークでもつくれる!
ブラジリアンワックスにハイジニーナ。ムダ毛処理の疑問をまとめて解決
炎天下でもメイク崩れの心配ナシ! プロのおすすめコスメ
【グリッティ白書】イマドキ女子は流行メイクで「変化していく自分」を楽しむ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP