ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カシオが開発した「聖地時計」が話題に!特にイスラム教徒の間で大ヒット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

独特の視点から商品を開発し、実用化することにかけては、世界でも類を見ないほどに長けている日本企業。そんな日本の企業が開発した”ある機能”を持つ腕時計が、現在、国内外を問わず、話題となっている。

現在、注目の的となっているのは、カシオが開発した「Casio Mens Prayer Compass Watch」。その名が指し示すように、文字盤の一部にコンパスを内蔵し、世界中のどこにいても、イスラム教の”聖地”として知られる メッカの方向がわかるというスグレモノだ。これまでもカシオは方位磁針機能を持った腕時計を発表しているが、今回はそれを聖地用に特化した形。我々日本人にとっては、いまいちピンと来ないかもしれないが、一日何度も礼拝を行うイスラム教徒たちにとっては、まさに大助かりのアイテムとなっているのである。

こうした話題を受けてネット上では、
「聖地ってマジの方やんけww」 「イスラム圏でまさかのヒット」 「聖地と聞いて即買いしたおまいらときたらwww」
との声もあがっているが、この商品のヒットを受けて、もしかすると、自分なりの”聖地” を設定できるタイプのものも発売されるかもしれないし、災害時などの帰宅困難に備えて、自宅を指し示すタイプの商品も生まれるかもしれない。そうした今後 の可能性も考えれば、この”聖地時計”、我々日本人にとっても、十分楽しみなアイテムと言えそうだ。

文・鈴木將義

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP