ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

音楽・□□□三浦康嗣、主演・後藤まりこで『ロミオとジュリエットのこどもたち』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

口口主宰・新進気鋭の若手演出家として注目を浴びる三浦直之が、音楽にポップユニット□□□(クチロロ)の三浦康嗣、主演に女優としても活動する後藤まりこを迎え、シェイクスピアに初挑戦する舞台『ロミオとジュリエットのこどもたち』がおこなわれることが決定した。

『ロミオとジュリエットのこどもたち』は、シェイクスピア原作の「ロミオとジュリエット」をアレンジした演劇公演。主演の後藤が演じるのはヒロインのジュリエットだ。女優として活動の場を拡げTVドラマ『たべるダケ』や映画『ペタル ダンス』などに出演、舞台への出演は森山未來との共演が話題となったミュージカル『ヘドウィグ アンド アグリーインチ』以来2年ぶりとなる。

音楽を担当する□□□の三浦康嗣は、ままごと『わが星』や音楽劇『ファンファーレ』など手がけた舞台作品が軒並みヒットを重ねており、演劇ファンから今最も注目されているミュージシャン。今回も「ただBGMをつけるようなことはしない」と、根幹から作品作りに関わり、既に三浦直之と共にクリエイトワークショップを何度も行っているなど、交流を深めている。そして演出の三浦直之は、映画と音楽の融合を目指した映画フェス〈MOOSIC LAB 2013〉にて初監督映画『ダンスナンバー 時をかける少女』で準グランプリを受賞したり、今春リリースされた東京カランコロン『恋のマシンガン』MVの監督をするなど、演劇のみならず音楽シーンにも進出し始めており、こちらも今話題の演出家。ありそうでなかった口口口三浦康嗣と口口三浦直之の初コラボレーション作品。『ロミオとジュリエット』を“永遠のボーイ・ミーツ・ガール・ストーリー”として大胆にアレンジした舞台に、後藤まりこがどんな表現を持ちこむのか期待しよう。(岡本貴之)

〈あうるすぽっとシェイクスピアフェスティバル2014〉
あうるすぽっとプロデュース
『ロミオとジュリエットのこどもたち』
2014年10月2日(木)~5日(日)
2日(木)19時
3日(金)19時
4日(土)14時
5日(日)14時
原作:ウィリアム・シェイクスピア 訳:松岡和子
脚本・演出:三浦直之(ロロ) 音楽:三浦康嗣(口ロロ)
出演:後藤まりこ / 永井秀樹 / 長田奈麻 / 日高啓介 / 伊東沙保 / 田中佑弥 / 北村 恵 /重岡 漠 / 島田桃子 / 板橋駿谷 / 亀島一徳 / 篠崎大悟 / 望月綾乃

■前売開始 : 7月26日(土)
■料金 : 全席指定 一般3,500円 / 豊島区民割引3,000円 / 学生2,500円 / 障害者割引2,000円 / ロミジュリ割引 6,000円(ペア券)
■チケット取り扱い:あうるすぽっとチケットコール
http://www.owlspot.jp 03-5391-0516(10:00~19:00)
チケットぴあ / イープラス
■助成:平成26年度文化庁地域発・文化芸術創造発信イニシアチブ
■主催:あうるすぽっと(公益財団法人としま未来文化財団) 豊島区
■企画製作:あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。