ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トミタ栞、ハマスタにてドリームライブ&始球式に登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

テレビ神奈川の音楽バラエティー番組「saku saku」のレギュラーMCとして、3年目に突入したトミタ栞が7月5日東京・横浜スタジアムにてドリームライブと始球式に登場した。

7月2日に発売した3rdシングル「HAPPY AND HAPPY」に収録された楽曲「みなとみらい」は横浜DeNAベイスターズ「DREAM STADIUM 2014」のテーマソングということもあり、このたびドリームライブと始球式が実現された。「DREAM STADIUM」は夢をテーマとした毎年行われるスペシャルイベント(今年は7月5日と6日の二日間に渡って開催)でこのイベントにテーマソングが設けられたのはトミタ栞が初となる。「みなとみらい」は“夢”というテーマの下にイベントのためにトミタ栞本人が書き下ろしたオリジナルソングで、夢を持って、未来に向かって力強く、前向きに走り続ける気持ちを歌っている。

試合前、横浜DeNAベイスターズ中畑清監督に対面したトミタ栞が「テレビ神奈川の『sakusaku』という番組のMCをやっています」と自己紹介すると「口は達者なのか?」と中畑監督から問われ「…ノリはいいです!」と答えると監督から「ノリが大事だよ。野球なんて勢いつけるの大変だからノリのいい選手がいたらなー1番ノリいいの俺だもん(笑)」と緊張するトミタ栞を和ませた。また「こんな広いところで歌うの初めてです」と言うトミタ栞に対して、監督は「盛り上げてよ!頑張って!」と激励した。その言葉を糧として横浜スタジアムの大観衆を前に、背番号「39 2乗」で登場しテーマソングの「みなとみらい」を堂々と熱唱。

また始球式では安定感のあるピッチングで見事マウンドからノーバウンドで直球を投げ込んだ。ピッチング指導をした横浜DeNAベイスターズ井納翔一投手にも始球式後「よく届いたね!」と褒められるなど周囲を沸かせた。試合は惜しくも負けてしまったが、「いつかこの場所でワンマンライブをしたい」と、成長して戻ってくることを誓った。

関連リンク

トミタ栞 オフィシャルサイトhttp://www.tomitashiori.com/
トミタ栞・トミッター(ツイッター):https://twitter.com/tomita4ori
トミタ栞 すたっふツイッターhttps://twitter.com/tomitastaff
tvk「saku saku」番組サイトhttp://www3.tvk-yokohama.com/saku2/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP