ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロ野球に優等生外国人増えた理由 中南米選手増加も影響か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「地球の裏側にもうひとつの野球があった」(ボブ・ホーナー)
「ロッカールームが汚いから帰る」(ドン・マネー)
「神のお告げあった」(マイク・グリーンウェル)
「肩に小錦が乗っている」(エリック・ヒルマン)
「リトルリーグみたいに狭い球場」(ダン・ミセリ)

 かつて日本球界でプレーした外国人選手の中には、こうした“迷言”を残して、球界を去っていく者も少なくなかった。だが、近年はいわゆる真面目な優等生が激増し、日本野球界に“造反”する外国人選手はほとんどいなくなった。スポーツライターが話す。

「今年も、優良外国人が多いですね。たとえば広島のライネル・ロサリオは5月1日に4打数4安打の大活躍をした翌日に、キラ・カアイフエの故障が治ったため、二軍落ち。その後、5月24日に再昇格を果たし、7試合で3割4分8厘、3本塁打の活躍を見せるも、今度は夫人の出産で帰国していたキャム・ミコライオと入れ替わりで、再びの二軍落ちを経験しました。

 DeNAのホルヘ・ソーサは、4月21日、宮崎移動のため羽田空港に現れたものの、『ケガが万全でない』と漏らしたため、中畑清監督の怒りを買い、帯同の却下だけでなく、出場選手登録抹消をされています。

 こうしたケースは昔であれば、怒ってそのまま帰国したり、他球団へのトレードを志願したりしても珍しくありません。それが近年は、外国人選手が造反することはほとんどなくなりましたね」

 なぜ最近は優等生外国人選手が増えたのだろうか。前出・スポーツライターは、次のように分析する。

「1995年の野茂英雄を皮切りに日本人選手のメジャー移籍が増え、世界が日本野球の実力の高さを認識し始めたことが大きいでしょう。『日本で活躍すればメジャーへ行ける』という考えまで生まれているので、外国人選手が大上段に立った態度は取らなくなったのではないでしょうか。そもそも、以前の日本野球はメジャーより何段階もレベルが落ちるリーグと思われていましたが、いまやそう考える外国人は減っているはずです。

 もう一つは、来日する外国人の質です。昔は、年老いてメジャーで通用しなくなった“現役メジャーリーガー”が来日することも珍しくなかった。しかし、最近はアメリカ人だけでなく、中南米の選手が大幅に増えた。彼らはハングリー精神が強いですから、少々のことではしょげません。

 広島がドミニカに野球アカデミーを作った影響も大きいでしょうね。ここからアルフォンソ・ソリアーノ(ヤンキース)などメジャーで大活躍する選手が育った。ちなみに、ロサリオもカープアカデミー出身ですね。

 あとは、日本で長年活躍する外国人が優等生だったことも大きい。昨年までDeNAに在籍したアレックス・ラミレスは、中畑監督に『素人の守備』と切り捨てられても、報道陣に愚痴ることはなかった。実績のある外国人がそうした態度を取っているわけですから、新参の外国人選手は、なかなかわがままを言いにくいでしょう」

 そうはいっても、プロ野球はある種、エンターテイメントの世界。優等生ばかりではなく、たまには暴言を吐く外国人がいたほうが面白い……といっては不謹慎か。

【関連記事】
日本球界足蹴のペニー選手 我々の心にもペニーがいると識者
3Aで変化球や制球等に活路見出した投手の方が日本で活躍傾向
3Aでくすぶっているような選手が日本球界では大成功しやすい

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP