ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「女しか産めぬ役立たず」と姑から罵られた妻が果たした復讐劇

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 妻にとって頭を抱えたくなる姑との関係。せめて夫には自分の味方であってほしいものだが、現代の“マザコン夫”たちときたら…。3姉妹の母である結婚28年目の55才の主婦A美さんは、三女を産んだ時に、今も思い出せば怒りで震えるほどの屈辱的な出来事があった。

「三女が生まれた時、夫は『娘3人に囲まれるなんて幸せだな』と優しい言葉をかけてくれました。ところが、姑は『女しか産めない役立たず』と私を罵ったんです。助けを求めるように夫のほうを見ると、夫は知らん顔。それどころか、『うんうん』と姑の言葉に頷いているじゃありませんか。今春、長女が嫁ぎましたが、結婚式には姑も夫も列席させませんでした」

 それはまだ序の口。自分の思いを姑に代弁させるという卑怯者には、もはやつける薬はない。40才結婚12年目の主婦B子さんはこう語る。

「初めての子を身ごもった時はつわりがひどく、家事もままならない状態でした。ところが家にやってきた姑は家事を手伝ってくれるどころか、『甘えてる』と私を叱るばかり。実は夫が実家に帰った時に、姑に『嫁がちゃんと家事をやってくれない』とボヤいていたらしいんです。

 バカな旦那は『2人目も欲しいな』なんて言ってきましたが、私は断固拒否。息子には『あなたが生まれた時に、お父さんは何もしてくれなかったのよ』とことあるごとに言って聞かせています」

※女性セブン2014年7月17日

【関連記事】
あんまんで火傷した女 求婚にも「あんまん食べたら離婚ね」
国分佐智子 三平から毎日電話でプロポーズされ戸惑っていた
現れた虹に亡き夫の「後押し」を感じ 恋に踏み出した未亡人

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP