ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハワイは奇跡に出逢える聖地 空にかかった「三重の虹」写真

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 世界中の「聖地」をめぐる女性写真家が、ハワイのマウイ島の東端・ハナの町で出逢ったのが写真で紹介している奇跡の「三重の虹」。ハナはハワイ王家の先祖たちが暮らしていた神聖な場所で天上の地であったという。新刊『奇跡に出逢える世界の聖地』(小学館)を上梓したばかりの写真家・稲田美織氏が、聖地としてのハワイについて綴る。

 * * *
 ハワイに到着して飛行機を降りた途端、花の香りに包まれた。まるで空気の粒子の一部が花の香であるかのように。そして無条件に幸せな気分になった。これが「マナ」というハワイのエネルギーなのだと後でわかった。今は観光地としての印象が強いが、ハワイは元来、神々が存在する特別な地なのだ。

 ネイティブアメリカンは、東アジアからベーリング海峡にかかる陸の橋を通ってアメリカ大陸に渡っていったが、ポリネシアンはアジアから、マレーシア・インドネシアの島々を伝って約2000年前にポリネシア西域に達し、ニュージーランド、イースター島、マーケサス諸島などに広がり、マーケサス諸島やタヒチから移り住んだ人々がハワイの先住民となった。

 ハワイアンはすべてに神が宿ると信じて、祈りが日々の生活そのものであり、漁をする時も、花を摘む時も、カヌーを作る時も、自然の神様に祈りを捧げてから行っていた。また月の満ち欠けによって変化するすべての月に名前が付いていて、農作業、漁業、その他の儀式など、すべて月に従って行っていた。珊瑚も満月に産卵し、潮の干満も月の引力が起こすのだから、自然に従うその方法は、かなり理に適っていたのだと確信する。

 カフナは呪術師・神官で、人々の精神的指導者であったが、たとえば、それぞれの職業の達人も“カフナ”と呼ばれていた。神官は、神殿を建てるために、エネルギーに満ちた場所を見極めなければならなかった。カヌー職人のカフナは、カヌーを作るのに良い木を探すことができた。木そのものが持つ力、それを見極める人の力のことをマナ(気)という。その人が与えられた自分の役割を怠けたりすると、本来は自分に宿っていたマナがすぐに消えてしまうのだそうだ。石にもマナが宿り、人々はそこで祈りを捧げていた。

 ハワイの島々にはヘイアウという神域・神殿があり、今でも人々はそこに果物をお供えしたり、掃除したり世話をしている。古代においては、特別の許可がない限り女人禁制の聖域で、その3階建ての木組みの塔や、聖水や太鼓を保管する小屋は青森の三内丸山遺跡の建物と、とても似ている気がした。

 ハワイ島のプウホヌア・オ・ホナウナウというヘイアウは、昔、掟を破った人々や敗戦兵のための駆け込み寺で、ここに逃げこめば、神官に清めてもらうことで、追っ手から助けてもらえたのだそうだ。そばの湾で泳いでいると、当時のそんな様子はお構いなしに、大きな海亀がプカプカと珊瑚礁に浮かんでいる。隣の湾は午前中、野生のイルカと一緒に泳げる、とても平和で気持ちの良い場所であった。

 ハワイはとにかく虹に出会える地だ。いくつの虹を見ただろう。マウイ島は2島が噴火で繋がってできた島だが、その繋がった部分を通る時にはいつも美しい虹が出ていた。地形の関係でそこは雨風の通り道なのだろうか。

◆稲田美織(いなだ・みおり):多摩美術大学油絵科卒業。一ツ橋中学校で教職を務めた後、NYを中心に活動。ハーバード大学、NY工科大学はじめ、世界中で個展を開催。MOMAやイスラエル美術館でも展覧会に出品。偶然目撃した9.11同時多発テロに衝撃を受け、以来世界中の聖地を巡り続ける。著書に『水と森の聖地 伊勢神宮』(小学館文庫)など。

※稲田美織・著/『奇跡に出逢える世界の聖地』(小学館)より


【関連記事】
幸福感伝達物質アナンダミドを唯一含むカカオは理想的な食材
江原啓之が「教えたくなかった」ハワイの聖地を紹介
ヒンドゥー教祭典に髪を2m近く伸ばし続けている修行者が登場

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP