ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

武藤彩未、自身の人気楽曲を7月より行なわれるツアーにて販売決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソロアイドル・武藤彩未が、7月にSUMMER TRIAL LIVE「20262701」を開催する。


本ツアーには、デビューアルバム『永遠と瞬間』で楽曲アレンジを担当し、これまでGReeeeN、ケツメイシ、中田ヤスタカ等の数多くのアーティストの楽曲制作、リミックス、サウンドプロデュース等を手がけているnishi-kenをキーボードに、そして数々のアーティストのサポートドラムを務める楠瀬タクヤをドラムに迎え、6月に行なわれたアコースティックライブとは真逆とも言えるバンド形式でのステージを行なう。

さらに、本ツアー会場より、ライブ人気楽曲「RUN RUN RUN」をライブグッズとして販売する事が決定した。4月23日のデビュー日以来、武藤のライブでは欠かせない楽曲となった「RUN RUN RUN」は、4月29日に行なわれた武藤の18歳の誕生日でもあり、デビュー後初のワンマンライブとなった「BIRTH」に向けて作られた楽曲で、楽曲のサビ部分でタオルを振る楽曲になっていることから、今回ライブアイテムのタオルと「RUN RUN RUN」が収録されたCDをセットにしたライブグッズとして試験的に発売される。ジャケットには「BIRTH」での「RUN RUN RUN」パフォーマンス時にファンと一緒に、武藤がタオルを頭上に投げた瞬間の写真を使用。タイトル、歌詞も「身近な楽曲でありたい」という思いを込めて力強く本人の直筆で書かれており、ライブタイトル同様、ライブグッズの新たな形に挑戦している。

6月のライブチケットは即日完売、同様に本公演もプレミアムチケットとなるのは必至で、8月1日(金)の渋谷 CLUB QUATTRO公演が追加として発表されている。独自路線で着実に実力をつけている武藤だが、8月10日には、5月に幕張メッセで行なわれた「KAWAII NIPPON EXPO」以来、2回目の大型フェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014」への参加が決定しており、自身初となる夏の野外フェス参戦も果たすことになる。

武藤彩未がこの夏、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか、そして今後どういった動きになっていくのか、期待は高まるばかりである。

武藤彩未 SUMMER TRIAL LIVE 「20262701」
7月20日(日) 西川口Hearts

7月26日(土) 横浜BAYSIS

7月27日(日) 下北沢GARDEN

8月01日(金) 渋谷 CLUB QUATTRO(追加公演)

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
武藤彩未 オフィシャルサイト
武藤彩未がアコースティックライヴで圧倒的な歌唱力を披露

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP