ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版ATOKがv1.7.0にアップデート、設定メニューがリニューアル、Android4.4での絵文字の変換にも対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android向けの日本語対応キーボードアプリ「ATOK for Android」が先ほどv1.7.0にアップデートされました。今回のアップデートでATOKの設定メニューがHoloテーマを採用したものに刷新されました。Android 3.0以上の端末に最適化されたことになります。見やすくなりましたね。前回のv1.6.9でUnicode絵文字に対応しましたが、今回のv1.7.0でAndroid 4.4端末でも同じ絵文字を入力できるようになりました。さらに、テンキーにて、「や」キーと「TUV」キーのフリック・ジェスチャー時のキー割り当てをカスタマイズできるようになりました。それぞれ、「ATOKの設定」→「テンキー」→「フリック/ジェスチャー入力の設定」より各方向の文字の割り当てをカスタマイズできます。ATOK for Android」(Google Playストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
Google、ペプシとコラボして「Google Play 100円キャンペーン」を開始
VertuとBentleyがコラボ、高級スマートフォン「Vertu for Bentley」を共同開発
Android Wear対応アプリのみを検索できるAndroidアプリ「Wear Store」がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。