ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「七夕の日」キーワード注目度急上昇 「催涙雨」って何?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

七夕の日の今日、日本列島は全国的に不安定な雲行きで、どうやら星空を楽しめる雰囲気でもなさそうであるが、そんな中、急上昇中のキーワードが「催涙雨」 という、なんだか耳慣れぬ言葉だ。

この「催涙雨」(「洒涙雨」とも)、読み仮名は「さいるいう」。一見、PM2.5の影響でアレルギー症状か何かを引き起こす”危険な雨”のように感じられてしまう響きだが、実際には、1年に1度、この日の再会を心待ちにしていた織姫と彦星が、雨によってそれを阻まれることで流す”悲しみの涙”のことなのだという。

その出典に不明な点は多いものの、いにしえの人々は、この日の雨空を見上げながらそう名付けたようだ。 しかし、時は21世紀。現代の我々は、こんな雨の降り注ぐ日でも、雨雲よりも遥か上方に広がる空は、煌びやかな星の輝きで満ち溢れていることを知っている。織姫と彦星は、きっと今夜も無事にめぐり合うことができるはずだ。もしかするとこの「催涙雨」、二人が流す”再会の涙”なのかもしれない。

文・鈴木將義

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP