ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「起業するなら福岡市で」オススメのワケは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

福岡市は稀少な北向き繁栄都市

FIFAワールドカップ2014。残念ながらアジア勢はグループリーグで敗退が決まりました。ベスト16を見ると、欧州6、南米5、北中米3、アフリカ2、アジア0と中南米国が躍進。国名と場所が一致しない国もあって、地図を見る機会が増えた人も多いかもしれません。

慣れ親しんだ世界地図を見てみると、今回躍進した南米とアフリカは左右両端に描かれ、距離感を感じます。しかし実際は、大西洋を挟む隣国であると同時に、北米と欧州も同様の位置関係にあります。つまり、環大西洋圏がサッカー先進地域ということに気づきます。今度は世界地図を逆さま、つまりサウスアップにしてアジアを見てみると、「日出ずる国」日本の国名の由来が見えてきます。大陸から見ると、旭日が昇るのは東側(地図では左側)の太平洋に面した弓なりの島々。まさに東の京、東京から陽光が射す。日の本(jitsu-pon)の発音が変化し、JAPANになったといいます。

さらに日本の大都市の分布を見てみます。大部分の大都市が南側の海である太平洋及び瀬戸内海に位置し、地政学的に不利な北側の日本海に面しているのは、福岡市と北九州市、新潟市くらいではないでしょうか(札幌市は内陸)。その中でも大陸に最も近い福岡都市圏。ソウル、大阪は500km圏内、上海、青島、大連、東京は1,000km圏内にあり、海外19都市へ直行便が離発着しています。アジアに最も近く、都市機能がコンパクトに集約。地震が少なく比較的廉価な地価及び人件費が、企業誘致の要因になっています。

国家戦略特区に選出されたアジアのゲートウェイ

このたび福岡市は、全国から6拠点選ばれた国家戦略特区のひとつ、「創業のための雇用改革拠点」として選出されました。福岡市は「世界一ビジネスしやすく、新たな価値を生み続ける都市」を目指し、ベンチャーのスタートアップ支援による開業率の向上とMICE(Meeting,Incentive,Convention,Event/Exhibition=ビジネスイベント)の誘致を通じたイノベーションの推進及び新たなビジネスの創出を政策課題としています。

福岡市国家戦略特区推進本部を立ち上げ、スタートアップ部会、MICE部会、グローバル環境部会を設立し、2018年度に開業率13.0%(2014年度6.2%)、年間新規雇用者数20万人(同14.79万人)を目指します。

知っておきたい起業支援・立地交付金制度

とりわけ特徴的な3つのスタートアップ支援が注目されます。ひとつはグローバル人材育成のため、全国初の交換留学する日本人大学生に対する最大120万円の奨学金制度。2つ目は、世界視野のベンチャーを対象としたビジネスプランコンテスト(最優秀賞・賞金50万円)。3つ目が、起業に詳しいコーディネーターを配したベンチャー起業家支援拠点「スタートアップカフェ」の設立。情報発信、セミナー・イベント開催など総事業費3500万円を投じて委託事業者を公募しています(提案書提出期限:平成26年7月28日)。

一方で、立地交付金制度も見逃すことができません。知識創造型産業やアジアビジネス、健康・医療福祉、本社機能、大規模集客施設など対象分野に応じて土地取得費の10~30%、建物・機械設備取得費の最大10%を交付するほか、建物を賃借する場合は年間賃借料の1/3を交付するなど企業立地を促進しています。LINE、ケンコーコム、マスミューチュアル生命などが、相次いで本社機能を福岡市に移す誘因となっています。

毎年恒例の博多祇園山笠が、7月1日から15日間繰り広げられます。ローカル・アベノミクスが新成長戦略の要諦でもある地方。人口急減問題、成長戦略の実現のためには地方の活性化が不可避です。今回の各特区の思い切った施策が人を呼び込み、起業を促し、地域貢献意識を高め、ムーブメントを巻き起こす。「おいさ、おいさ、おいさ」。底抜けに明るいラテンのノリのようなグルーブが生まれる。770年続く山笠のように。

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。