ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

稲庭うどんを目指した冷やし中華の名店 納得の麺完成に5年

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「冷やし中華の麺は、のど越しが大事です」と語るのは東京・湯島の「らーめん天神下 大喜」店主の武川数勇さん。ゆでた後に手早く流水でしめた麺は、つるんとした食感でモチッと弾力があり、のど越しもなめらか。

 同店は創業15年になるが、冷やし中華は10年前から提供する。当初は今より細い麺だったが、探究心旺盛な武川さんは、独特の舌触りを持つ“稲庭うどんのような麺”を思い立ち、麺の改良を始める。

「力強いコシと弾力がありながら、のど越しのよい麺を目指し、多種類の国産小麦粉をブレンドしながら、ひたすら麺を打って研究を重ねました。納得の麺を完成させるのに、5年もかかりました」

 情熱を注いで作り上げたストレートの太麺は、小麦がほどよく香り、酸味と甘さのバランスが絶妙な醤油味のタレとよく絡む。具は毎年変化するが、今年はラーメンスープの鶏ダシ入り卵焼きがトッピングに加わる。一日20食限定の貴重な味、ぜひ堪能を!

■『らーめん天神下 大喜』
冷やし中華  900円(昼・夜各10食限定)
住所:東京都文京区湯島3-47-2白木ビル1F 湯島駅1分
営業時間:月~金11~15時(LO)、17時半~22時(LO)土11~15時(LO)、17時半~21時(LO)日11~16時(LO)祝11~20時(LO)(売切次第終了)
定休日:無休
提供期間:7月31日まで

撮影■岩本朗

※週刊ポスト2014年7月18日号


【関連記事】
変わり種冷やし中華 焼肉と烏龍茶を一皿に盛りつけたものも
直木賞受賞小説のモデル店 極細冷やし中華が築地で人気博す
冷やし中華の起源店は神田か仙台か? ラーメン評論家が解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。