ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『花子とアン』縁の「筑豊の炭鉱王」邸宅跡 入場者5倍に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 13週連続で平均視聴率21%超えと絶好調の連続テレビ小説『花子とアン』(NHK総合、毎週月~土曜8時~ほか)。その人気ぶりを象徴するかのように、仲間由紀恵(34才)演じる葉山蓮子と吉田鋼太郎(55才)演じる嘉納伝助の実在モデルが実際に住んでいた福岡・飯塚市の豪邸が話題になっている。

 福岡市内から東に約35km。飯塚市内の閑静な住宅街に突如現れる広大な敷地。重厚な長屋門に囲まれたその屋敷は、かつて“筑豊の炭鉱王”と呼ばれた伊藤伝右衛門の邸宅跡だ。

 実はこの伝右衛門、『花子とアン』で伝助のモデルとなった実在の人物。そして伝右衛門と結婚し、約10年間をこの屋敷で過ごした柳原白蓮こそが蓮子のモデルとなった人物だ。

 白蓮は華族出身で、“大正三美人”のひとりに数えられるほどの美貌を持つ歌人だったが、伝右衛門との結婚は愛のない政略結婚とされる。そのため常に孤独を感じ、子供を授からないままに、ついには社会運動家の宮崎龍介と駆け落ちする。この愛の逃避行が、林真理子さんの小説『白蓮れんれん』(集英社文庫)でも取り上げられている「白蓮事件」。当時の新聞などでセンセーショナルに報道され、話題を呼んだ。

 事件はドラマでも取り上げられる重要なシーンだけであって、伝右衛門と白蓮への注目度はますます高まるばかり。

「放送開始直後から徐々に入場者数が増えていき、6月は昨年同月比で約5倍の入場者数を記録しています。邸内では来年3月まで『村岡花子と白蓮展』を開催していますが、あまりの人気ぶりに展示スペースを2倍に増やしました」(飯塚市役所商工観光課)

※女性セブン2014年7月17日号


【関連記事】
吉高由里子は「酒入るとサイコー、可愛い、男前」と芸人証言
『花子とアン』仲間由紀恵の年下恋人俳優起用背景に美輪明宏
吉高由里子 RADWIMPS・野田洋次郎と復縁、すでに半同棲中

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。