ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

遠野なぎこ 離婚会見後の直撃に「社長に話つけて。うふふ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 自らが持つ有名芸能人最速記録「72日間」(2009年)を更新し「55日間」で離婚した遠野なぎこ(34)。芸能界の“スピードスター”は、神妙な面持ちで離婚会見に臨んだ。「私の自尊心の低さが一番の原因」などと離婚理由を語ったが、一方で元夫のA氏に対しては「今でも大好き。毎日会っていて、結婚してた時よりも仲良し」と、恋人に戻ったと明かした。

 その模様をワイドショーが報じている時、本誌記者がA氏にごく近い親族のもとを訪れると、その親族は厳しい視線でテレビに釘付けだった。親族は「まったく理解できない」と呆れた顔をして、こう話した。

「遠野さんって“作って壊す子”なんです。普通は家庭を持てば守りたくなるけど、彼女はいとも簡単に壊した。それは、そのほうが仕事になるから……。彼女、最近は仕事がなく、ほとんど家にいたそうなんです。いま思えば、結婚する前から2人ともある程度は離婚を想定していたと思いますよ。

 彼女は結婚や離婚といったプライベートを切り売りすることが仕事になっている面がある。だって、異性関係以外の話でテレビに出てないじゃん! A君は利用されているんですよ」

 ここは本人たちに真相を聞くしかない。バーの店内にいた2人に話しかけると、元夫A氏はイラついた表情で「話はしません!」とにべもなかった。一方の遠野は、「ダメですよォ。ちゃんと事務所を通してもらわなきゃ。社長に話をつけてね。うふふ」と余裕の笑みを浮かべるのだった。

 う~ん、何を考えているのか全くわからない。まァ、次の結婚、そして離婚発表をお待ちしております。

※週刊ポスト2014年7月18日号

【関連記事】
宇多田ヒカルの母で演歌歌手・藤圭子の離婚回数は7回、2人
「7股交際」の遠野なぎこ 第2の石原真理に!?と芸能界戦々恐々
国際婚に多かった「婚前契約書」 最近は日本人同士に広がる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP