ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“世界一垣根低いフェス”の『風とロック芋煮会』主催者語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夏フェスの季節が到来。でも、夏フェスって若い人向けのイベントでしょう?と敬遠していたら大間違い。リピーターには家族連れや大人の女性も多く、なかには10年以上通っている人も。

 故郷・福島で2009年から毎年、フェスとして『風とロック芋煮会』を開催する箭内道彦(やないみちひこ)さんはこう語る。

「人間、どこかで大声で歌ったり、はしゃいだり、思いっきり泣いたりする場所が必要だと思ったんです。ぼくたちが目指すフェスは、町内会のお祭り。日本は昔から町内などに祭りがあって、地元の人はそれを毎年、楽しみにして、体中痛くなっても大きな声を出して神輿を担いだりしてきた。でも、地元を離れ、都会暮らしをするとなかなかそういう場に触れることがない。そんな役割をぼくたちのフェスが果たせたらと思って」(箭内さん・以下同)

 箭内さんは自ら主催するフェスを「世界一、観客とアーティストの垣根が低い」と自負する。

「会場内を、アーティストがうろうろしていますし、彼らと一緒に参加できるイベントもたくさんあります。今年は、元プロ野球選手の古田敦也さんを迎えて、出演者とお客さんとで野球大会をしますが、音楽以外のことも楽しめるのがフェスの魅力。名前に芋煮会とつけているのも、いろんな考えの人がいて、それを一緒の鍋で煮込めばおいしくなるという思いもあるから。“音楽を聴かないとダメ”という考えは捨てて、お祭り感覚で来てほしいですね」

※女性セブン2014年7月17日号

【関連記事】
若手から加山雄三までを1か所で見られるのが夏フェスの魅力
小藪千豊主催「コヤブソニック」 成功裏に「フェス未体験」
広末涼子 子を実家に預け、キャンドル・ジュン氏追って札幌へ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP