ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スカパラ、バンドコラボ3部作も収録するニューアルバムを8月13日にリリース!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

25周年を迎えた東京スカパラダイスオーケストラのニューアルバム『SKA ME FOREVER』が、8月13日に発売される事が決定した。


同作では日本のロック・ポップス界の最重要プロデューサー”亀田誠治”をプロデューサーに迎え、日本の音楽シーンを語る上で重要なバンドである10-FEET、MONGOL800、ASIAN KUNG-FU GENERATIONを迎えて、スカパラと強力なコラボサウンドを作りだしたバンドコラボ三部作はもちろん、25周年ツアーで大きな盛り上がりを見せている「歓喜の歌(交響曲第九番)」通称”第九スカ”のカヴァー楽曲も収録!

さらに25年前に発売されたスカパラ1stアルバムの1曲目に収録されているロシア民謡「ペドラーズ」を、2014年のスカパラがオマージュの意味も込めて新たに演奏し直した「ペドラーズ2014」まで、最新”トーキョースカ”サウンド満載の作品に仕上がった。

アルバム『SKA ME FOREVER』
2014年8月13日

【初回受注生産限定盤】

CTZR-14834~5/B/¥6,000(税抜)

<特典内容>

・CD:JUSTA RADIO “25th Anniversary Hall Tour 2014 [SKA ME CRAZY]” CD(仮)

スカパラ茂木欣一がパーソナリティーをつとめた伝説のラジオ番組「JUSTA RADIO」の特別編。ホールツアー限定で演奏されたメンバーソロ9曲のライブ音源も収録したボーナスCD。

・BOOK:SKA ME FOREVER -GUIDE BOOK-(仮)

アルバムの取り説的ガイドブック、豪華40P予定。

・GOODS:25周年バックドロップ型フロシキ

25th Anniversary Hall Tour 2014 [SKA ME CRAZY]”で公開された25周年スカパラロゴをあしらった、イセキめぐりにもってこいな、今流行のピロシキならぬフロシキ。

・仕様]:豪華“イセキ”ボックス仕様

永遠のスカパラを刻み込んだ、“石の上にも25年”仕様のボックス。

【CD+DVD】

CTCR-14836/B/¥3,500(税抜)

【CD ONLY】

CTCR-14837/¥2,800(税抜)

<収録内容>

■CD

01 ペドラーズ 2014

(ロシア民謡)

02 One Way Punk

(作詞:谷中敦、作曲:谷中敦)

03 Can’t Take My Eyes Off You -君の瞳に恋してる-

(作曲:Bob Crewe・Bob Gaudio)

04 閃光 feat. 10-FEET 

(作詞:谷中敦・TAKUMA、作曲:GAMO)

05 Damned feat. FPM

(作曲:川上つよし)

06 Sunny Blues 7inch.

(作詞:谷中敦、作曲:GAMO)

07 流れゆく世界の中で feat. MONGOL800

(作詞:谷中敦、作曲:沖祐市)

08 For the GOAL

(作詞:茂木欣一、作曲: 茂木欣一)

09 Horizon ★WOWOW 海外ドラマ「SUITS /スーツ 3」日本語版エンディング曲

(作曲:川上つよし)

10 Wake Up! feat. ASIAN KUNG-FU GENERATION 

(作詞:谷中敦・後藤正文、作曲:加藤隆志)

11 チャンス

(作詞:谷中敦、作曲:川上つよし)

12 Tennessee Waltz

(作曲:Pee Wee King・Redd Stewart)

13 歓喜の歌(交響曲第九番)

(作曲:Ludwig van Beethoven)

■DVD

「閃光 feat. 10-FEET」Music Video

「流れゆく世界の中で feat. MONGOL800」Music Video

「Wake Up! feat. ASIAN KUNG-FU GENERATION」Music Video

「25th Anniversary Hall Tour 2014 [SKA ME CRAZY]」Live+Documentary

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
東京スカパラダイスオーケストラ オフィシャルサイト
アジカン主催「NANO-MUGEN FES.2014」最終ラインナップ&コンピアルバム詳細発表!

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP