ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

娘が亡き父への手紙を風船で「お父さんは元気だ」の返事来る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 涙にはストレス解消の効果があるといわれるが、泣ける“ツボ”は人それぞれ。今回は、36才パート女性が地元の人の温かさに触れたエピソードを語ってくれた。

 * * *
 7才の娘の喘息がひどかったので、都会から田舎に引っ越すことに。ほどなく娘の発作はなくなり、家族3人ゆったりと過ごしていました。ところが、幸せな日々も束の間、夫が事故で亡くなってしまったんです。

 仕事を探すためにも都会に戻るべきかと悩んでいたある日、娘が「お父さんに手紙を出したい」と言いだしました。そこで、天国にいる夫へ手紙を書き、風船に結んで空に飛ばすことにしました。

 娘の手紙には「お父さんへ元気ですか? 天国はどんなところですか? わたしもお母さんも、すごくかなしいです。いい子になるから、帰ってきてください。 R美」と書いてありました。娘は、風船が見えなくなるまで青空を眺めていました。返事が来ないことはわかっていただろうと思います。

 ところが、それから1週間ほどが経ったころ、差出人の書かれていない娘宛ての手紙が、ポストに入っていました。開封すると、丁寧な字で、こう書かれていました。

「R美へ お父さんは元気です。天国は楽しいところだよ。神様との決まりごとで帰れませんが、お母さんの言うことをよく聞いて、いい子でいてください。ずっと見守っているからね。お父さん」

 娘は喜んで、手紙を部屋の壁に飾っていました。筆跡が違いますし、もちろん夫ではありません。風船を拾った人が善意で返事をくださったのだと思いますが、住所を書いたわけではないので、不思議に思っていました。

 後日、風船を拾ってくれたのが隣の町のかただとわかりました。娘の名前を頼りに、多くのかたが協力して、この家を探してくださったそうです。その話を聞いた私は、都会に戻ることをやめました。温かい人たちが集うこの土地で、娘を育てていこうと決意しました。

※女性セブン2014年7月17日号

【関連記事】
「お父さん好き」高じて25歳年上の男と初体験した娘に父困惑
娘を過剰に愛する男 「オレ以外の男は全員悪者」と教育する
孫正義の父 息子の100億円寄付に「いいことしたな」と電話

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP