ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「からくり」終了報道 年齢を気にするさんまにファンの達観

DATE:
  • ガジェット通信を≫

明石家さんまがMCを務める『さんまのSUPERからくりTV』(TBS系)が、9月いっぱいで終了すると、7月3日の東スポWebが報じた。

1992年に30分番組の『さんまのからくりTV』としてスタート。1996年に1時間番組に拡大し、『さんまのSUPERからくりTV』とリニューアルされた。番組開始から22年を数える長寿番組が終了するという情報に、ネットユーザーたちも驚きの様子。ツイッターでは、

「からくりTVも終わるんや。ご長寿早押し好きやったなー!」
「さんまのからくりTV、小学生の頃から毎週見てたから悲しい…」

などと、多くのネットユーザーが寂しがっている。

東スポWebによると、視聴率の低下が終了の大きな理由とのことだが、まさかの終了にさんまも怒りを隠せずにいるとも。お笑い関係者はこう話す。

「中村玉緒さんや浅田美代子さんといった、プライベートでも仲の良いタレントさんが数多く出演していたので、さんまさんとしても続けたかったはずです。もっとも“さんまファミリー”らしい番組ですからね。ただ、さんまさんは長寿番組も多いですが、それと同時にいくつもの番組の打ち切りを経験しています。『からくり』の終了を悔しく思う気持ちはあるでしょうが、素直に現実を受け入れているはずですね」

かつて「60歳になったらテレビの世界から引退する」と発言したこともあるさんまは現在59歳。来年の7月1日で60歳を迎える。長寿番組『からくりTV』も終わるとなると、いよいよ人生の転機が訪れるのだろうか? 30年以上にわたって、さんまを追い続けているコアなさんまファンはこう話す。

「60歳で引退というのは、リップサービスみたいなもので、後に撤回もしていますし、本当にやめてしまうことはないと思います。ただ、ラジオなどでは共演者から“還暦目前”などといわれると、本当に嫌そうに“還暦なんていうな!”と話しているので、年齢を気にしているのは間違いないです。

いつまでも若いイメージですが、さんまさん本人は老いを感じる瞬間が、少なからずあるのでしょう。どちらかといえば完璧主義なところがあるので、“年齢のせいで思うように働けなくなった”と感じることがあれば、スパッと引退してしまうかもしれません。ファンとしては、やはり完璧なさんまさんが見たいけど、老いていくさんまさんもそれはそれで興味ありますね」

もし、さんまがテレビの世界から消えてしまったら、とんでもなく寂しくなりそう。少しくらい老いてしまってもいいから、まだまだテレビで動きまわるさんまを見ていたい、と思う視聴者も少なくなさそうだ。

【関連記事】
長寿番組が続々終了も『さんまのSUPERからくりTV』続く理由
さんま、所、和田アキ子ら大御所の番組 視聴率が軒並み苦戦
“数字取れる”夏目三久 TBSで番組後に名刺渡す行列できる

カテゴリー : エンタメ タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP