ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ドル円週間見通し】イエレン氏注視する雇用関連指標に注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 投資情報会社・フィスコ(担当・小瀬正毅氏)が、7月7日~7月11日のドル・円相場の見通しを解説する。

 * * *
 今週のドル・円は、ウクライナ情勢やイラク情勢に警戒しつつ、米国の求人労働異動調査(JOLT)を見極める展開となる。イエレンFRB議長が注視する9つの雇用関連指標の内、米国雇用統計で5つ、求人労働異動調査(JOLT)で4つが発表されることで、「イエレン・ダッシュボード」の回復状況を見極めることになる。

 ウクライナでの和平協議が難航した場合やイラクが内戦に陥った場合は、リスク回避の円買い圧力が強まることになる。

 しかしながら、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の改革を受けて、本邦機関投資家による外貨建て資産への投資が予想されること、米国が軍事介入しない中東の地政学的リスクは、有事のドル買いとなる可能性があることで、ドルの下値は限定的か。

【米国求人労働異動調査(JOLT)】(8日)
 9つの「イエレン・ダッシュボード」の内、4つに注目する展開となる。

■労働省雇用統計
1)Unemployment rate(失業率)
2)Nonfarm payrolls(非農業部門雇用者数)
3)Long-term unemployed share(長期失業者の割合)
4)Labor force participation rate(労働参加率)
5)U-6 underemployment rate(広義の失業率)
■求人労働異動調査(JOLT)
6)Job opening rate(求人率)
7)Layoffs/discharge rate(解雇率)
8)Quits rate(退職率)
9)Hires rate(採用率)

【地政学的リスク】
 中東はラマダンの最中だが、アルカイダ系の武装組織「イラク・シリア・イスラム国」がイスラム国家の樹立を宣言しており、マリキ・イラク政権に対してオバマ米大統領とプーチン露大統領が支援していることで、予断を許さない状況が続く。

 中東の地政学的リスクが拡大した場合、原油価格が上昇することで、原発稼動停止で原油輸入の依存度が高い日本経済にはマイナス要因、貿易赤字の拡大により円安要因となる。

 ポロシェンコ・ウクライナ政権と親露武装勢力との和平協議が難航した場合、リスク回避の円買い圧力が強まることになる。

【6月連邦公開市場委員会(FOMC)議事録】(9日)
 米国連邦準備理事会(FRB)は、出口戦略に向けた試験的な「リバースレポ」を、第1・四半期に2421億ドル、第2・四半期末に過去最大規模の3395億ドルを実施した。6月17-18日の連邦公開市場委員会(FOMC)議事録では、出口戦略に向けた議論の有無を探ることになる。

 7月7日-11日に発表予定の主要経済指標のポイントは次の通り。

○(日)5月経常収支- 8日(火)午前8時50分発表
・予想は、+4299億円
 参考となる4月実績は、+1874億円。3カ月連続で黒字計上となったが、黒字額は前年同月を大きく下回っている。4月の第1次所得収支は+1兆8331億円だったが、5月の貿易収支は貿易赤字の増加が予想されることから、経常黒字の大幅な増加は見込めない。

○(米)5月JOLT求人- 8日(火)午後11時発表
・4月実績は44万5500件
 参考となる4月実績は44万5500件で2007年9月以来の水準に増加した。3月実績は41.7万件で求人件数は増加傾向にある。5月分の予想は出揃っていないが、5月の非農業部門雇用者数は22.4万人増加しており、5月の求人件数は4月実績を上回る可能性がある。

○(日)6月国内企業物価- 10日(木)午前8時50分発表
・予想は、前年同月比+4.5%
 参考となる4月実績は、前年比+4.4%で市場予想を上回った。消費増税の影響を除くと前年比+1.6%。円安は一服しつつあるが、需給の引き締まりで価格は下落しにくい状況となっており、市場予想は妥当か。

○(日)5月機械受注- 10日(木)午前8時50分発表
・予想は、前月比+0.7%
 参考となる4月実績は、前月比-9.1%。3月に大幅増加となった反動が出た。内閣府は、機械受注の判断を「増加傾向にある」に据え置いている。5月については、前月比で増加となる可能性が高いとみられており、市場予想は妥当な水準か。

 主な発表予定は、8日(火):(日)6月景気ウォッチャー調査、11日(金):(米)6月財政収支。

【予想レンジ】
・100円00銭-105円00銭

【関連記事】
求人票より低かった基本給 退社時に差額分の請求は可能か?
バイト求人サイトや看護師転職サイト運営会社 株価上昇期待
「有効求人倍率1.08倍」はワンオペなどでかさ上げされた数字

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP