体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

定番のPicasaクライアント「Picasa Tool」がChromecastに対応

Google+フォト(旧Picasa)のサードパーティクライアントとして古くから配信されている「Picasa Tool」が最近のアップデートでChromecastに対応しました。Picasa Toolは、Google+フォトにアップロードした画像や動画を閲覧したり、端末からアップロードしたり、一般公開されている画像や動画を検索して閲覧することができるアプリです。Chromecastに対応したことで、自身のGoogle+フォトストレージに保存されている画像と動画をChromecastに転送できるようになりました。ただし、一般公開の他ユーザーのものは非対応のようです。操作方法は「マイアルバム」からフォルダを選択し、アクションバー上のCastボタンから接続するChromecast名を選択します。「Picasa Tool」(Google Playストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
Google、海外のAndroidユーザー向けにGoogle Nowのリマインダーを時々通知する“Occasionally”オプションを提供
Xperiaの最新ブートアニメーションを様々な色に変えた「Xperia Colorful Collection」が公開
NTTドコモ、SH-01F DRAGON QUESTのソフトウェアアップデートを開始、電源が入らない問題に対処

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。