ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界の絶叫ウォータースライダー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

間もなく夏本番。海やプールに出かける予定の人も多いのでは?そんな人に注目してもらいたいのが、最新のウォータースライダーだ。なぜって?実は現在、世界各地で、数々のスライダーが猛烈に進化中。これらのスライダーに乗れば、火照った体だけでなく、肝まで冷やすことができるから。

【大きな図表や画像をもっと見る】

たとえば「ナガシマスパーランド」のジャンボ海水プールに昨年登場した「ブーメランツイスト」は、世界最大級のスライダーだ。
「最大の特徴は、海外で人気の大型スライダーふたつを合体させていること。最大傾斜角68度の急上昇・急降下を楽しめる『ファミリーブーメランゴ』と激しい横揺れが特徴の『アビス』を一度に体験できる世界初のウォータースライダーです。ほぼ垂直での落下にふわりと体が浮くような感覚は絶叫必至です」(広報・熊谷将成さん)。恐るべき“ニコイチ”。

世界に目を向ければ、ウォータースライダーはさらにスゴいことになっている。その筆頭が、今年6月末にアメリカ・ミズーリ州の「シュリッターバーン・カンザスシティ・ウォーターパーク」に登場した「フェアリュクト」。ドイツ語で“狂気”を意味する名を持ち、高さ約51.4mを誇る世界で最も高いスライダーだ。4人乗りボートに乗ってナイアガラの滝以上の落差を急降下し、速度は時速100kmにも迫るというから、まさに狂気。写真で見る限り、もはやフリーフォールと変わらない落下角度だ。

ドバイにもスゴいスライダーがある。アトランティス・ザ・パーム・ホテルにある「アクアベンチャー」の「リープ・オブ・フェイス」は、約30mの高さから体ひとつでほぼ垂直落下した後、サメが泳ぐラグーン(水槽)の中のトンネルに突入…ってバカ!

世界にはほかにも、ブラジルの「インサーノ」など絶叫系スライダーが多数! この夏はスライダーのエクストリームな進化を体験してみる?
(吉原 徹)
(R25編集部)

世界の絶叫ウォータースライダーはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
世界各地に「絶景プール」続々
足湯にエステ…進化形ラブホ続々
男子反応「例のプール」特集本発売
一度は行きたい世界の絶景温泉5選
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP