ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

格安スマホとキャリア新料金プランの注意点を専門家が解説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 格安スマホが人気だ。ビッグカメラ、ノジマ、エディオンといった大手家電量販店や情報通信サービスを展開するケイ・オプティコム(ウェブ申し込みのみ)が続々と格安スマホの販売に参入し、ようやく機種を選べる環境が整ってきた。だが、選ぶならやはり”違い”を理解してからのほうがいい。

 その一方、この5~6月、大手携帯キャリア3社(ドコモ・au・ソフトバンク)は新料金プランを打ち出し、基本的に横並びになった。高速データ通信のパケット料金は最も安い2GBまで定額」のタイプなら月3500円だ(5GBまでのタイプでは5000円)。
 
 対して格安スマホは、基本的なプランに含まれているのは「月1GBまで」が主流(エディオンのスマホは1日50MBまで=1か月約1.5GB相当)。
 
「ウェブサイトの閲覧やメールの送受信、地図の閲覧、フェイスブックなどを毎日30分ほど使う程度であれば1GBあれば十分です。ただし、YouTubeなどで動画を5分見ると20~80MB消費します。画質にもよりますが、月に1~4時間ほどの動画閲覧で1GBに達します」(スマホ評論家・新田ヒカル氏)
 
 1GBを超えると、データ通信速度が各社200kbpsまでガクンと落ちる。このスピードはメール送受信やツイッターの利用、簡単なウェブ閲覧程度なら問題ないものの、画像を添付したメールを送受信しようと思うと数分かかり、動画視聴はほぼ不可能なレベルだ。
 
 なお、格安スマホを販売するエディオン以外の3社は、上限に達した後も追加料金を支払えば高速データ通信を引き続き利用できる(100MBあたり150~300円)。

※週刊ポスト2014年7月11日号

【関連記事】
格安スマホが人気で「iPhone安く買えると聞いた」と問う客も
イオンの格安スマホ 電話かける機会多いと割高になることも
スマホによるネット利用急増で「パケ詰まり」多発しイライラ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP