ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大手企業社員のセーラー服おじさん「はじけたらハッピーに」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「セーラー服を着たおじさんが街を平然と歩いている!」

 そんな目撃情報がネットで多数報告されている。さぞ不気味に思われていることだろうと思いきや、「会うと幸せになれる」と女子高生からは好意的に受け入れられているらしい。そこで本誌も、「新宿や渋谷でよく見かける」という情報を頼りに、おじさんを探してみた。各所を回ること2日目。あっ、いたっ! JR原宿駅で女子高生に囲まれているおじさんを発見。早速直撃し、取材を試みた。

「女性セブンと申しますが…」。記者がおずおずと問いかけると、「あぁ、おつかれさまです」とソフトで落ち着いた低い声。アレッ? しごく丁寧な対応だ。セーラー服にハイソックス、真っ白で長く伸ばしたひげを三つ編みにするという、本当ならギョッとする風貌のはずなのに、なぜか違和感のない穏やかな雰囲気に拍子抜けする記者。

「そうなんです、“会うと意外と普通ですね”って言われます(笑い)」

 笑顔で語り始めた「セーラー服おじさん」こと小林秀章さん(51才)は、見かけとは裏腹に、かなり紳士的。それもそのはず、普段は大手企業に勤務するエンジニアだったのだ。

「平日はサラリーマン風の格好ですが、土日はいつもセーラー服です。着替えには、ひげの三つ編みまで含めて40分くらいかかりますね。紺色の“見せパン”もはいてますよ。女子高生はみんなはいてると、本人たちに聞いたので」(小林さん・以下同)

 子供の頃からかわいいもの好きだったという小林さんだが、初めてセーラー服を着て外へ出たのは、あるラーメン店の企画がきっかけだという。

「3年前になりますけど、30才以上の人がセーラー服を着てきたら無料、というのがあって。それで初めてこの格好で電車に乗りました。最初は、“通報されたらどうしよう”とかドキドキしてましたが、みんな見て見ぬふり。それで、“大丈夫じゃん”と」

 それからは、スーパーマーケットや飲食店、裁判の傍聴、結婚式の二次会など、徐々に行動範囲を広げていった。

「海外旅行も行きましたよ。フランスでは警察官に声をかけられて、捕まるのかと思ったら、“写真撮らせて”と」

 日本でも声をかけられれば、快く撮影に応じる。

「たくさんの人に声をかけられて、原宿から渋谷まで2時間かかったこともあるんですよ」

 セーラー服おじさんとして人気に火がつくと、当然会社にばれてしまい、総務部から呼び出しがかかった。

「会社からは“その格好で出社するな”、“会社の名前は出すな”と言われただけでした。誰にも迷惑はかけてないので、当然だと思いますが」

 その人気は本物で、今月中旬には大学受験予備校の早稲田塾で、『Rich&Happy人生のススメ』と題して特別公開授業を行うそうだ。

「日本人はまじめでよく働くけど、そのわりには悩みが多いでしょ。しがらみを捨ててはじけたら、もっとハッピーになれると思うんですよ。そんなことを学生に伝えられたらいいかな」

 バツイチで現在はひとり暮らしの小林さんだが、人生を存分に楽しむセーラー服おじさんに「会うと幸せになれる」はやっぱり本当かも!?

※女性セブン2014年7月17日号

【関連記事】
女性とおじさんの恋愛をエロティックな描写満載で描く短編集
misono セーラー服着て国生さゆりとおニャン子を号泣熱唱
おじさんと呼ばれたくない39才 近所の子に「お兄さんと呼べ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP