ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Android OneプログラムでMediaTekと提携したと伝えられる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GoogleがAndroid Oneプログラムを開発する上で台湾の半導体メーカー MediaTekを戦略的なソリューションパートナーにしたと、台湾メディアのDigiTimesが報じていました。Android Oneは主に新興市場をターゲットに良質なスマートフォンを低コストで開発できるようにするための取り組みです。このプログラムでは、Nexusデバイスのような素の状態に近いAndroidがOEMに供給され、Googleがソフトウェアアップデートを配信する、Nexusプログラムに似た内容です。大きな違いはGoogleブランドではなくメーカーブランドで販売されることと、ターゲットが新興市場であることです。同サイトによると、Android OneではOEM各社がAndroid One端末を短期間で安く開発できるよう、ハードウェアとソフトウェアのガイドラインに加えて、リファレンスデザインも提供されることになっているそうです。その中でMediaTekはスマートフォンの主要部品となるプロセッサや関連チップを供給することになっているそうです。そのためにGoogleは6ヶ月も前からMediaTekに対してAndroid最新版のソフトウェアやファームウェアを提供するなどしてMediaTekの開発を支援してきたとのことです。Google I/O 2014カンファレンスではインドのMicromaxによるAndroid Oneスマートフォンが紹介されましたが、同サイトはその際には公表されなかった情報として、Micromaxの製品ではMediaTekのデュアルコアプロセッサ「MT6575」が採用されていることも伝えています。Source : DigiTimes


(juggly.cn)記事関連リンク
Android “L”の新しいUIの一部をCyanogenMod 11で体験できるテーマパックが公開
Xiaomi、MIUI 4.7.4をリリース、データ通信量を抑制する新機能「Saver」を追加
Android “L”の標準リカバリーではブートローダーへの切り替えと電源OFFが可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。