ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android Wear第一弾製品「LG G Watch」の開封映像

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一昨日、ついに発売されたAndroid Wear製品第一弾の「LG G Watch」の開封映像です。英国の通販ショップ Cloveが公開しました。LG G Watchは、スマートウォッチで一般的なスクエア型の1.65インチ280×280ピクセルの液晶ディスプレイを搭載したAndroid Wearスマートウォッチ。スマートウォッチながらもSnapdragon 400プロセッサを搭載するなど、性能面は十分だと思います。このほか、モーションセンサー(ジャイロ・加速度・コンパス)、400mAhバッテリー、512MB RAM、4GB ROMなどを搭載し、IP67レベルの防水・防塵に対応しています。LG G WatchはGoogle Play開発者サービス v5.0をインストールしたBluetooth 4.0対応のAndroid 4.3端末と連携できます。メイン機能は、スマートフォンやタブレット(母艦)とBluetoothで通信し、母艦の着信や通知を時計画面で確認したり、Google音声検索・音声コマンドを実行したり、母艦のアプリを操作することです。当然腕時計としても機能します。LG G Watchはブラックチタンとホワイトゴールドの2色が販売されています。価格は22,900円です。動画で、充電するのに専用のホルダーに乗せる必要があることがわかりました。LG G Watch背面のピンをホルダー上のピンに合わせると充電される仕組みです。Source : Clove


(juggly.cn)記事関連リンク
Lenovo、64bit対応のSnapdragon 410を搭載したAndroidスマートフォン「Lenovo A805e」を中国で発表
Android “L”の新しいUIの一部をCyanogenMod 11で体験できるテーマパックが公開
Xiaomi、MIUI 4.7.4をリリース、データ通信量を抑制する新機能「Saver」を追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP