ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

三叉神経痛 風が顔にあたるだけで抉られるように猛烈に痛い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 三叉(さんさ)神経は脳神経の一つで、顔が感じる知覚、触圧覚、温痛覚(触る、痛い、熱い、冷たいなど)を脳に伝える役割をしている。脳幹部から左右に1本ずつ出て、途中で3つの経路(枝)に分かれ、第1枝は額(ひたい)のあたりに、第2枝は頬、第3枝が下顎へと向かう。

 三叉神経に異常が生じ、発作的に激しい痛みが起こるのが三叉神経痛だ。痛みは顔の左右どちらか一方に起こり、洗顔や歯磨き、髭そり、食事など様々な動作で誘発される。風が顔にあたるだけで痛い、抉(えぐ)られるように猛烈に痛いなど突発的に激しい痛みを生じるが、発作は数秒から数十秒で収まる。虫歯かと歯科を受診したり、目の痛みで眼科を受診する例が多い。

 横浜市立市民病院神経内科の山口滋紀部長に聞いた。

「三叉神経痛は、脳腫瘍など他の原因があって起こる症候性三叉神経痛と、原因不明の特発性三叉神経痛があります。近年、MRIなど画像診断の進歩により、特発性三叉神経痛は脳の血管が動脈硬化で曲がり、三叉神経に接触することで、痛みが起こることがわかってきました」

 三叉神経痛は、専門医が痛みの状況や動作、痛みの起こる間隔などを問診することで、かなりの部分の診断ができる。痛みは第2枝と第3枝の部位で起こることが多く、第1枝の額付近の痛みだけの場合は、症候性三叉神経痛の可能性がある。痛みの症状、部位などの問診やMRIの画像を用いて診断を行なう。診断的治療として、抗てんかん薬カルバマゼピン(商品名:テグレトール)を服用し、症状が改善する場合は、三叉神経痛の可能性が高い。

 治療はカルバマゼピンなど抗てんかん薬服用が第1選択で、8割以上の患者に効果がある。抗てんかん薬は神経の過敏性を抑える働きがあり、痛みに対する閾値(いきち)を上げることで症状を緩和する。神経障害性疼痛薬プレガバリン(商品名:リリカ)も効果が期待できる。服用で痛みは改善するが、急に休薬をすると症状が再発するため、医師の指示によって調整する必要がある。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2014年7月11日号

【関連記事】
聴神経鞘腫 治療が遅れると聴力失われることもあるので注意
日本で初めて認可された神経障害性疼痛の薬 保険も適用される
クモ膜下出血 年間5000人に1人発症し約40%が3日以内に死亡

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP