ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

虎ノ門ヒルズや富岡製糸場など話題スポット付近に金運集まる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7月4日から、『サマージャンボ宝くじ』が発売される。今年はサマージャンボ史上最高の1等・前後賞合わせて6億円が当せんするとあって、宝くじファンの夢は膨らむばかり。さらに、1等6000万円が当たる『サマージャンボミニ6000万』も同時発売され、楽しみは尽きない。

 宝くじとともに、この夏を盛り上げてくれるのが、全国各地に続々と誕生している新名所。風水師・生田目(なまため)浩美さんはこう話す。

「話題のスポットや、多くの人が訪れる観光地には、金運が集まってくるんです。にぎやかな場所に行けば、それだけで開運につながりますよ」

 そこで、この夏注目の運気が集まる新名所と、その近くの激ツキ売り場を紹介しよう。

 まずは、マスコットキャラのネコ形ビジネスロボット『トラのもん』が人気の『虎ノ門ヒルズ』。今年6月にオープンした地上52階建ての同ビルには、オフィスや居住エリアのほか、フレンチレストランやカフェなどが店を構え、早速多くの観光客が訪れている。

 そこから徒歩約10分の場所にあるのが、『JR有楽町駅中央口宝くじ売り場』だ。

 2013年のグリーンジャンボで1等・前後賞合わせて5.5億円、2014年のドリームジャンボで前後賞の後賞1億円など、億当せんを数多く生み出してきた。

「『虎ノ門ヒルズ』がオープンしたことで、宝くじを買いに来るお客さんも増えました。

 先日、観光帰りのおばあちゃんがスクラッチを10枚買ったんです。“遊びにきてよかったわ”なんて世間話をしながら削ったら…50万円が当たっていました! 周りのお客さんも一緒になって大騒ぎでしたよ」(店長・安田花霞さん)

 また、6月21日に世界遺産に登録されたばかりの『富岡製糸場』(群馬県富岡市)には、休日ともなると、前年同時期の5倍に当たる約6000人が訪れている。海外からの観光客も足を運ぶなど、まさに世界中から注目されている人気スポットだ。

 製糸場と一緒に世界遺産に登録された『田島弥平旧宅』(群馬県伊勢崎市)のそばにある『伊勢崎スマークチャンスセンター』では、今年5月の世界遺産登録内定後、ドリームジャンボで1等と前後賞の片方当せんの4億5000万円が出た。

「世界遺産近くの売り場は運気が上がると聞き、“これは期待できる”と販売員とも話していたんです。

 当せん祈願に、養蚕の神が祀られている一之宮貫前神社を参拝しました。すると、ドリームジャンボで売り場初の億当せんが出たんです」(店長・湯舟正樹さん)

『伊勢崎スマークチャンスセンター』の系列店で、富岡市にある『富岡ベイシアチャンスセンター』にも、世界遺産にちなんだ験担ぎが。

「店先に養蚕の縁起物とされているだるまを飾っています。このだるまを拝んでから、宝くじを買っていかれるかたも多くいますね。世界遺産のパワーでサマージャンボの高額当せんも狙いますよ」(前出・湯舟さん)

 この夏注目の新名所で金運を上げ、高額当せんをつかみとろう!

※女性セブン2014年7月17日号

【関連記事】
1枚500円 「宝くじの日記念くじ」が1000万枚限定で発売へ
年末ジャンボ宝くじ 十の位と一の位の合計6の組が狙い目か
オータムジャンボ宝くじ18万台が狙い目と予想したら当たった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP