ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ノーブラ+トランクス着用妻 夫の実家で入浴時に珍事件発生

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。今回は寄せられたのは、飲料メーカー勤務のご主人(45歳)。20代の頃はオシャレに気を使う奥様(44歳)だったのですが……。

 * * *
 去年の夏からです。「体は締め付けられるし、汗疹はできるし、もう、や~めた!」。ボディスーツを脱ぎ捨てました。髪の毛も「ロングだと洗うのも乾かすのも面倒くさくて嫌!」と、ちびまる子ちゃんみたいなオカッパ頭に。

 今年に入ると「胸を締め付けられるから」とブラジャーを着けなくなり、ついには「女物のパンティって、ピッタリのフィット感が煩わしいの。このユッタリ感っていいわ!」。僕のトランクスを穿くようになりました。

「家の中ではいいけど外出時はやめろ。見られたらどうするんだ!」というと「それって裸になるってことでしょ? 大丈夫よ。口説かれても、相手は私のトランクスを見れば興醒め。浮気防止で、むしろアナタに感謝してもらいたいぐらい」

 この前、一緒に僕の実家に行った時もノーブラにトランクスの妻。親父の帰りが遅いというので泊まることにし、夕飯の後、妻はお風呂に。ところが、しばらくしてお風呂から悲鳴が! 帰宅した親父が、風呂場の脱衣カゴの一番上にトランクスが置かれてるのを見て、僕が入浴してると勘違い。「どうだ、お湯加減は?」と浴室のドアを開けてしまったんです。

「キャ~!」
「わ、悪い! でも、何で男物のパンツが……」

 だからトランクスはやめろといったんだよ。こんな時だけ、か弱い女性のような悲鳴を上げて……トランクスとのギャップ、親父にどう説明すればいいんだよ!

※週刊ポスト2014年7月11日号

【関連記事】
お風呂にはいる時間調査 10分以下は4%、61分以上は7%
脱衣所の美女をこっそり覗き見 もう、そんなに見ちゃダメ!
孫正義の父 息子の100億円寄付に「いいことしたな」と電話

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP