ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ベセトジャパン、Androidにも対応した車載用Wi-Fiミリ―リング端末の新モデル「Kivic-ONE 2in1」を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ベセトジャパンは7月4日、モバイルデバイスの画面をミラーリングする車載用Wi-Fiミリ―リング端末の新モデル「Kivic-ONE 2in1」を発表しました。価格は19,800円+税で、同社の公式オンラインショップを通じて7月11日に発売されます。Kivic-ONE 2in1は、Wi-Fi経由でスマートフォンの画面を表示するミラーリングデバイス“Kivic-One”の後継機種となっており、新モデルでは、iPhoneだけではなくAndroidのミラーリングにも対応したほか、高級オーディオチップで有名なWolfsonのDACチップを採用して音質を改善指しています。また、接続方法でもiPhoneテザリングに対応し、HDMI出力機能ではフルHDに対応しました。使用方法はカーナビ・カーモニタなどに本機を接続し、スマートフォンを本機にWi-Fiなどで接続します。すると、スマートフォンの画面がそのままカーナビなどに表示され、スマートフォンよりも大きな画面でアプリを利用したり、動画・音楽を楽しむことができます。筐体サイズは108×80×18mm、質量は85g。本体はノイズ対策としてガルバニウム絶縁が施されています。外部端子はHDMI 1.4端子とコンポジット端子、AUX端子。Wi-FiはIEEE802.11b/g/nに対応。電源はシガーソケットから取ります。Source : ベセトジャパン


(juggly.cn)記事関連リンク
インド Lava、ヘクサコア(6コア)プロセッサを搭載した5インチAndroidスマートフォン「Xolo Play 6X-1000」を発表
FC2が公式アプリやサードパーティのAndroidアプリを紹介する新アプリ「FC2アプリ」をリリース
どの画面からもお気に入りアプリを起動できる「QuickApps」にAndroid Wearとの連携機能が追加、離れた場所からアプリを起動可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。