ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ラトックシステム、Androidでも利用可能なBluetooth対応ワットチェッカー「REX-BTWATTCH1」を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ラトックシステムから家庭の節電や電気代の計算などに役立つ“ワットチェッカー”で、Androidスマートフォン・タブレットでも利用できるBluetooth対応製品「REX-BTWATTCH1」が発表されました。製品は今月中旬に発売されます。REX-BTWATTCH1は、Bluetooth通信でスマートフォンやタブレットに計測データを転送するワットチェッカーです。これを家庭のコンセントに接続し、本機に測定したい家電や電子機器を接続すると、それらの消費電力などを調べることができます。計測データはスマートフォン・タブレットに表示されるので、離れた場所や動きながらでも確認できて便利です。REX-BTWATTCH1で計測可能なデータは、消費電力(W)、電流(A)、電圧(V)、消費電力量(Wh)。Android向けにはGoogle Playストアで専用アプリ「BTWATTCH」が無償配布され、アプリを利用すると消費電力量をCO2排出量や電気料金に換算した数値を含む7種類のデータを確認できます。アプリでは計測データを確認することに加えて、その累計をグラフで表示したり、データをCSVファイルにしてメールで送信することもできます。本体には50ヶ月分の計測データを記録でき、Bluetoothに対応したスマートフォンやタブレットなど4台を同時に登録できます。REX-BTWATTCH1の販売価格は8,400円+税です。Source : ラトックシステム


(juggly.cn)記事関連リンク
So-net、プリペイドSIMカードをPeach機内で7月15日より販売へ
Sailfish OSの操作性を体験できるJolla公式のAndroid用ホームアプリ「Jolla Launcher」のapkファイルが公開
Android Wear第一弾製品「LG G Watch」の開封映像

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。