ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobileは2015年の4~5機種でMediaTekの64bit対応プロセッサを採用する方針らしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileが2015年用のエントリー~ミッドレンジクラスのLTEモデルに台湾MediaTekのプロセッサを採用すると、台湾メディアのDigiTimesがいつもの関係筋からの情報として報じました。同サイトによると、Sony MobileはFoxconnやArima、Compalを含むEMS企業に対して、2015年用に4~5機種のLTEスマートフォンの開発を委託しているらしいのですが、その機種では全てMediaTekの64bitプロセッサ「MT6732」が採用される見込みなのだそうです。Sony Mobileのほとんどの機種ではQualcomm製プロセッサが採用されており、過去にMediaTek製プロセッサが採用されたのはXperia Cのみです。エントリー~ミッドレンジクラスでは方針を大きく変更したように思えます。MT6732は、MediaTek的には中~高価格帯のスマートフォン向けのSoCで、ARMv8ベースのARM Cortex-A53×4基(CPUクロック数は最大1.5GHz/2.0GHz)とARMの現行最上位モデルとなるARM Mali-T760 GPUを採用しており、IEEE802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.0、Miracast、GPS/GLOASS、FMチューナーをサポートしたコンボチップ、GSM/WCDMA/DC-HSPA+/TD-SCDMA/TD-LTE/FDD-LTEをサポートしたマルチモードモデムを搭載しています。内容的にはSnapdragno 410と同等かそれ以上です。Source : DigiTimes


(juggly.cn)記事関連リンク
Android Wear第一弾製品「LG G Watch」の開封映像
Google、Android OneプログラムでMediaTekと提携したと伝えられる
MotorolaはMoto XとMoto GにAndroid “L”を提供する予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP