ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海水浴場でタトゥーの品評会 無防備な若者に衛生面の問題も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 タトゥーの流行は世界的な現象である。サッカーW杯の中継を見ていても、ブラジルのエース、ネイマールやオランダのスナイデルら多くの選手の肌に多種多様なタトゥーが見え隠れする(アルゼンチンのメッシの左足にも愛息の手形と名前が彫り込まれている)。それを見て若者が“俺も俺も”と右に倣うのはさほど不自然なことではない。

 しかし日本では、神戸市の海水浴場のように条例で入れ墨の露出禁止を定める場所があるなど、入れ墨やタトゥーを受け入れるか否かについていまだに議論が絶えない。一方で、見た目はまったく普通の若者がファッションの延長として入れ墨をいれることも珍しくなくなっている現実がある。

「少し前までは、スミ(※入れ墨やタトゥーのこと)を入れるのは“オラオラ系”と言われるファッションを好む子たちが中心でした。見るからに不良っぽいファッションですから、スミが入っていても違和感はない。でも最近は、まったく普通で好青年ふうの見かけなのに、袖をまくると竜の模様が見えてびっくりさせられるような人が多いんです。最近は和柄を和彫りで入れるのが人気ですね」(ファッション誌編集者)

 昔のやくざ映画に出てきそうな和柄が人気だというが、彼らの多くはやくざでもなければ不良ですらないという。そして、お気に入りのアクセサリーを選ぶように最初は見えないところにワインポイントで、だんだんと見える場所へ大きく入れ墨を入れてゆくのだという。ファッションや決意のしるしであって、決して反社会的ではないと彼らは言うが、現実にはどこでも受け入れられるわけではない。

 公共のプールや温泉、スポーツクラブなど、日本で入れ墨を見せたまま入れる場所はあまりない。かつては可能だった渋谷や六本木のクラブですら、服を着るなどして肌を隠してからでないと入場を断られるところが増えている。

 しかし、お気に入りの入れ墨をいれたら、やはり人に見せたいもの。事実上“入れ墨OK”の場所についての情報は瞬く間に共有される。自然と彼らが集まることで、その場所は入れ墨の品評会のような状態になっている。

「とくに大都市圏から近く、スミを隠さなくてもよい海水浴場については情報が早いですよ。『●●はダメになったけれど、■■なら大丈夫らしい』といった毎年変わる細かい状況がすぐに広まります。その海水浴場へ行って言葉に出して自慢するわけではないけれど、より大勢の人に見てもらいたんですよ。普通の観光客の人たちから見たら、ものすごく物騒に見えるのでしょうが(苦笑)」(前出の編集者)

 大きな絵柄を入れ墨で完成させるには時間もお金もかかる。大きさや絵柄にもよるが、100万単位のお金を費やすことも。車も買わず、贅沢もせずに稼ぎをつぎ込んでも資金が続かず、筋彫り(輪郭)だけで絵柄が止まり、途中でやめた塗り絵のようになっている人も珍しくない。

 音楽イベントなどで入れ墨を入れた若者たちとの付き合いが多いカメラマンは、彼らがあまりに無防備であることが気がかりだという。

「統計をとったわけじゃないけれど、入れ墨をしている若い子たちに肝炎が増えていますよ。スミを入れたい若い人が増えたのにあわせて彫師も増えたけれど、なかには未成年でも平気で受け入れる、商売しか考えてない人もいる。消毒が不十分な器具を使っているところもあるから、そこから病気が広まっているんだと思う。よく理解できていない子どもからお金とって、病気までうつすようなところはどうにかしてほしい」

 入れ墨を受け入れるか否かの論争とは別に、衛生面での指導が必要な時代になってきているのかもしれない。

【関連記事】
大阪職員御用達の彫師「私は入れ墨彫った先生何人も知ってる」
大阪の入れ墨職員「消せと言うがいくらかかるかわかるのか」
大阪入れ墨調査に市労連は「人権侵害、入れ墨は幸福追求権」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP