ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

畑正憲氏がスマホゲームCMに登場 CMタレントとしての価値は

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨今テレビCMではスマートフォンのゲームのCMが多数登場しているが、7月5日からは、ムツゴロウさんこと畑正憲氏(79歳)が登場する『メルクストーリア- 癒術士と鈴のしらべ-』(Happy Elements社)が開始された。畑氏にとって、商品関連のCM出演は2006年以来のこと。

 同ゲームは、「ファンタジックコミカルRPG」を謳い、登場キャラクターは自身と味方、そして敵であるモンスターも含めて可愛らしいキャラが登場。ユーザー同士の協力プレイも駆使しながら、様々なクエストをクリアーしていくもの。

現在オンエアされている「バトル篇」の内容は、NHKの朝ドラ『あまちゃん』でGMT47の小野寺薫子役を演じた優希美青(ゆうきみお・15歳)がカフェで同ゲームをしていると、65歳年上の畑氏が隣で同ゲームに熱中している内容だ。

優希がゲームでうまくいったところで「よーし!」とはしゃいでいると、隣の席の畑氏も同じゲームをしている。畑氏は興奮しながら「いやーしいやーし(癒し)」と言いながら(登場人物の)「つららちゃん『いやし!』!」「コーネリアちゃん『いやし!』」と叫び、優希は若干戸惑う。

 スマホゲームに関しては、若者のものという印象があるが、なぜ、畑氏がCMタレントに採用されたのか。Happy Elementsの新井元基社長はこう語る。

「今回のCMのテーマは『癒し』としましたが、『癒し』を表現したい場合、普通はグラビアアイドルとかを起用しがちですよね。でも、このゲームは男性も女性も、そして幅広い年代の方に認知していただきたいので、グラビアアイドルは違うかな、となりました。

そこで、突飛な発想ではありますが、微笑みながら動物を愛でるムツゴロウさんのイメージが『癒し』としてしっくり来たんです。私は34歳なので、ムツゴロウさんの番組とかは見ていたので知っていたのですが、果たして20代以下の若い人はムツゴロウさんを知っているのか? と思ったのですが、若い知人らに聞いたら意外と高い認知度を持っていましたので、登場していただきました」

 新井氏はこのように考えたようだが、CMの専門家はどう考えるのか。大手広告代理店のキャスティング担当スタッフは、畑氏のCMタレントとしての現在の位置づけについてこう語る。

「私達は、普段からタレントのイメージ調査などをしていますが、実際、調査をしてみると本当に幅広い世代の人がムツゴロウさんのことを知っていました」

 だが、畑氏はそれほど最近はテレビに出ていないし、CMに関しては8年間出ていない。一体どこに若者との接点があったのか。

「実は、ムツゴロウさんの番組に慣れ親しんでいる30代以降の小中学校の先生方が、参考教材として、ムツゴロウさんに関連した書籍などを生徒に紹介しているのです。だから、テレビにはあまり出ずとも、『動物の専門家=ムツゴロウさん』のイメージは若者やお子さんにもあることが分かりました。『魚の専門家=さかなクン』と同じ構図があるようです」

 幅広い世代に知られているムツゴロウさんだが、果たして、今後CMタレントとしてさらなるオファーはあるのか。芸能事情に詳しいライターのシエ藤(しえふじ)氏はこう語る。

「大いにあると思いますよ。最近の芸能界のトレンドは『復活ブーム』です。元々名前が知られている人が一定の目立たない時間を経て、大ブレイクする例が増えています。有吉弘行、坂上忍、ヒロミ、田原俊彦などが、『復活ブーム』に乗っている感じがしていますよね。そして、今でもテレビ番組では動物を扱うと視聴率も良くなりますし、ムツゴロウさんだったら、その絡みもあるし、久々のCM登場で希少価値があるだけに、これからブレイクする可能性はあります」

 79歳にしてのメディアでの再ブレイクあるか? シエ藤氏は「高齢者再ブレイクの先駆けになったら往年の著名人に勇気を与えますよね」と、今後の芸能界に与えるインパクトについても言及した。


【関連記事】
大型ヘビに巻き付かれたムツゴロウ氏 一命を取り留めた理由
ムツゴロウさん 都内のペット禁止マンションでひとり暮らし
意識不明状態だったケンタロウ スプーン使えるレベルに回復

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP